最終更新日:2018年4月12日
2018年
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年
 17年

2018年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
最近の記事
2018.10.08 No.971
2018.10.07 No.970
2018.10.06 No.969
2018年4月の記事
2018.04.28 No.916
2018.04.27 No.915
2018.04.26 No.914
2018.04.21 No.913
2018.04.20 No.912
2018.04.19 No.911
2018.04.12 No.910
2018.04.05 No.909
2018年3月の記事
2018.03.30 No.907
2018.03.23 No.906
2018.03.22 No.905
2018.03.21 No.904
2018.03.20 No.903
2018.03.17 No.902
2018.03.16 No.901
2018.03.13 No.900
2018.03.11 No.899
2018.03.10 No.898
2018.03.06 No.897
2018.03.04 No.896
2018.03.03 No.895
2018.03.02 No.894
2018.03.01 No.892
2018年4月

2018.04.12 No.910
■ネオニコ系農薬出荷量が減少傾向
bee_orange.jpg / Flickr
ミツバチとミカンの花 / Abby flat-coat / Flickr

 国立環境研究所はこのほど、2016年度のネオニコ 系などの浸透性農薬などの出荷量推計を公表。フィプロニルとエチプロールを含む累計は472トンで、前年より14トン減少し、対前年比2.9%減となっている。全体として2015年、16年と連続して減少傾向にあるもののまだ高止まりしている。果樹栽培の多い県ほど、面積当りのネオニコ系農薬使用量が多い。

systemic-shipping_1993-2016.jpg
浸透性農薬出荷量推移(1993年〜2016年)

 成分別の増減は、クロチアニジン(住友化学・ダントツ)が3.5%、アセタミプリド(日本曹達・モスピラン)が10.8%、チアクロプリド(バイエル)がそれぞれ7.4%増加し、ジノテフラン、イミダクロプリド、チアメトキサムは減少した。フィプロニル系は、フィプロニルが18.3%、エチプロールは5.3%減少している。2015年12月に登録されたフルピラジフロンは出荷量がゼロとなっている。スルホキサフロルは2017年12月に登録でありデータはない。

 表1.2016年度 浸透性農薬出荷量
成分名 出荷量
[tまたはKL]
構成比
[%]
前年比増減
[%]
ジノテフラン 156.8 33.2% 93.7%
クロチアニジン 78.2 16.6% 103.5%
イミダクロプリド 61.2 13.0% 92.8%
アセタミプリド 57.1 12.1% 110.8%
チアメトキサム 47.9 10.1% 97.3%
チアクロプリド 13.7 2.9% 107.4%
ニテンピラム 5.7 1.2% 88.5%
フィプロニル 17.6 3.7% 81.7%
エチプロール 34.1 7.2% 94.7%
  累 計 472.4 100.0% 97.1%
 ・国立環境研究所

果樹の多い県ほど面積当りの使用量が増える

 国立環境研究所の農薬データベースには都道府県別の農薬出荷量もまとめられている。このデータと、農水省のまとめた都道府県別の耕地面積データを重ねてみると興味深い結果となる。都道府県別の耕地面積1千ヘクタール当りの出荷量を算出した結果、果樹の多い和歌山県、愛媛県、山梨県での面積当りの使用量が多かった。東京都の出荷量が多いのは、営業拠点が多いことによるものではないかと思われる。

systemic-shipping_map_2016.jpg
ネオニコ系出荷量 面積当たり推移2016
  • 果樹の耕地面積比率が大きくなるほど面積当りの使用量が多くなる。和歌山県、愛媛県、山梨県がトップ3。果樹の耕地面積比率の低い富山県は、田の比率が他県に比べ大きく、田での面積当りの使用量が多い。
  • systemic-use-fruit.jpg
    果樹の耕地比率と1千ha当りの使用量(2016年)
  • 田の耕地面積比率が大きくなるほど使用量が多くなる傾向がある。富山県の面積当りの使用量が突出している。過剰使用がなければ、耕地面積比率に関わりなく一定になるはずだが、そうなっていないことは田の面積が多い県ほど過剰使用を示唆しているようにも見える。
  • systemic-use-tanbo.jpg
    田の耕地比率と1千ha当りの使用量(2016年)
  • 果樹の耕地面積比率の大きな県(和歌山県、愛媛県、山梨県)と富山県を除いた、果樹を除く畑の耕地面積比率と使用量にはほとんど相関関係はなく、1千ヘクタール当り100kg前後の使用量となっている。
  • systemic-use-hatake.jpg
    果樹を除く畑の耕地比率と1千ha当りの使用量(2016年)

 2013年8月、愛媛大学の河野教授らは、調査した13種類の市販蜂蜜のからネオニコ系農薬を検出したと発表している。果樹での使用量が多いということは、ミカン蜜などの果樹由来の蜂蜜がネオニコ系農薬で汚染される可能性が高くなることになり、当然の結果かもしれない。米国ではスルホキサフロルの農薬登録にあたり、ミツバチ保護の観点からりんごやなしは開花期の使用を禁止し、かんきつ類は全面的に使用を禁止している。

 ・東京新聞, 2013-8-18
  ネオニコチノイド系農薬 国産蜂蜜から検出

カテゴリー
よく読まれている記事