最終更新日:2018年4月21日
2018年

8月
9月
10月
11月
12月

 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年
 17年

2018年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
最近の記事
2018.07.21 No.948
2018.07.17 No.946
2018.07.14 No.945
2018年4月の記事
2018.04.28 No.916
2018.04.27 No.915
2018.04.26 No.914
2018.04.21 No.913
2018.04.20 No.912
2018.04.19 No.911
2018.04.12 No.910
2018.04.05 No.909
2018年3月の記事
2018.03.30 No.907
2018.03.23 No.906
2018.03.22 No.905
2018.03.21 No.904
2018.03.20 No.903
2018.03.17 No.902
2018.03.16 No.901
2018.03.13 No.900
2018.03.11 No.899
2018.03.10 No.898
2018.03.06 No.897
2018.03.04 No.896
2018.03.03 No.895
2018.03.02 No.894
2018.03.01 No.892
2018年4月

■米国NGO 農薬業界の内部文書を大学に寄贈、公開
chemical-spray.jpg / Flickr
農薬散布(米国ユタ州) / Aqua Mechanical / Flickr

 米国の非営利団体の米・知る権利(U.S. Right to Know)は、これまでに収集したモンサントなどの農薬業界の関連内部文書などをカリフォルニア大学産業文書ライブラリに寄贈した。これらの文書には、報告書、裁判関連文書、内部のやり取りのEメールなどを含んでいる。同ライブラリはこのほど、これらの文書1450件(37,149ページ)を「USRTK Agrichemical Collection」として公開した。

 文書を寄贈した米・知る権利は4月19日、このライブラリでの公開を告知し、この公開の意義を「これらの文書は、業界が製品やその利益を守るために用いてきた広報、科学、法律、規制などの戦術を明るみに出している」としている。米・知る権利の共同ディレクター、ゲーリー・ラスキンは「これらの文書は、その製品の健康と環境へのリスクに関する農薬業界内部のコミュニケーションを示している」「政策当局、調査報道ジャーナリスト、一般の人々にとって価値あるリソースとなることを期待している」と述べている。

 公開された文書はタグ付がされていて検索可能であり、ダウンロードできる。

 カリフォルニア大学産業文書ライブラリではラウンドアップ製造責任訴状関連文書118件(1063ページ)も公開されている。

 ・U.S. Right to Know, 2018-4-19  ・University of California at San Francisco
カテゴリー
よく読まれている記事