最終更新日:2018年4月26日
2018年
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年
 17年

2018年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
最近の記事
2018.09.19 No.968
2018.09.01 No.967
2018.08.31 No.965
2018年4月の記事
2018.04.28 No.916
2018.04.27 No.915
2018.04.26 No.914
2018.04.21 No.913
2018.04.20 No.912
2018.04.19 No.911
2018.04.12 No.910
2018.04.05 No.909
2018年3月の記事
2018.03.30 No.907
2018.03.23 No.906
2018.03.22 No.905
2018.03.21 No.904
2018.03.20 No.903
2018.03.17 No.902
2018.03.16 No.901
2018.03.13 No.900
2018.03.11 No.899
2018.03.10 No.898
2018.03.06 No.897
2018.03.04 No.896
2018.03.03 No.895
2018.03.02 No.894
2018.03.01 No.892
2018年4月

2018.04.26 No.914
■ネオニコ系フルピラジフロン ミツバチの味覚、学習と記憶能力に悪影響を及ぼす
honeybee_clover.jpg / Flickr
クローバーにやってきたミツバチ / Andy Murray / Flickr

 ブルツブルグ大学の研究チームは3月21日、ネオニコ系農薬のフルピラジフロンがミツバチの味覚、学習、記憶能力に悪影響を及ぼすとする研究結果をサイエンティフィック・リポート(電子版)に発表した。フルピラジフロンはバイエルが開発した殺虫剤で、昆虫の脳のニコチン性アセチルコリン受容体に影響を及ぼす物質とされ、シバントの商品名で販売している。EUは2015年8月に、日本は同年12月に承認している。

 研究によれば、より少ない投与量では有害な影響を示さなかったが、投与量が1.2マイクログラムで知覚と学習のパフォーマンスが大幅に低下したとしている。その上で、他の農薬との複合的な影響はまだわからず、野生のミツバチ類などポリネーターへの影響を調べる必要があるとしている。

 欧州食品安全機関(EFSA)は今年2月、EU委員会が暫定的に一時使用禁止にしているイミダクロプリドなど3種類のネオニコ系農薬がミツバチなどに悪影響を及ぼすと認める評価結果を明らかにしている。この評価を受けてEU委員会は4月27日、禁止に向けて加盟国による投票を行おうとしている。フルピラジフロンは、EU委員会が禁止しようとしているネオニコ系3剤の代替品として検討されているという。

 ・University of Wurzburg, 2018-3-28  ・Scientific Reports, 2018-3-21

 国立環境研究所のまとめによれば、農薬登録後の2016年のフルピラジフロンの出荷量はゼロだったという。

 ・国立環境研究所 農薬データベース
【関連記事】
カテゴリー
よく読まれている記事