最終更新日:2018年5月30日
2018年

7月
8月
9月
10月
11月
12月

 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年
 17年

2018年5月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
最近の記事
2018.06.22 No.933
2018.06.16 No.932
2018.06.11 No.931
2018年5月の記事
2018.05.31 No.923
2018.05.30 No.922
2018.05.17 No.921
2018.05.14 No.920
2018.05.06 No.919
2018.05.03 No.918
2018年4月の記事
2018.04.28 No.916
2018.04.27 No.915
2018.04.26 No.914
2018.04.21 No.913
2018.04.20 No.912
2018.04.19 No.911
2018.04.12 No.910
2018.04.05 No.909
2018年5月

2018.05.30 No.922
■米国司法省 バイエルンのモンサント買収を承認
Stop-Bayer-Monsanto-2.jpg / Flickr
バイエルのモンサント買収反対デモ=2017年4月・ベルリン / Eldorado dos Carajas / Flickr

 米国司法省は5月29日、バイエルによるモンサント買収について約90億ドルの一部事業の売却を条件に承認したと発表した。これにより売上高200億ユーロ(2兆5千億円)の巨大な農薬・種子企業が誕生することになる。これまでの農薬・種子の大手6社が、BASFを含む4社に再編される。欧米の農民団体やNGOを中心に、寡占化の進行は農薬や種子価格の上昇を招き、食料主権が危うくなると批判されていた。

 米国司法省は、バイエルのモンサント買収の条件として、バイエルの綿花、ナタネ、ダイズ、野菜の種子事業とともに、モンサントの除草剤ラウンドアップの主要な競争相手であるバイエルの除草剤リバティーリンク事業などの売却あげている。

 バイエルは29日の声明で、BASFに対する事業売却が完了する2か月後にはモンサントの買収が完了すると発表した。

 バイエルのモンサント買収について、EU委員会は3月21日、一部事業の売却などの条件を付けて承認すると発表している。バイエルはこれまでに、BASFに対して野菜種子事業などの追加売却を明らかにし、総額約1兆円規模の事業を売却するという。今回の米国司法省の承認条件は、これらの事業売却を指しているという。

 ロイターによれば、バイエルのモンサント買収の完了で、新会社の売上高は約200億ユーロとみられているという。すでに合併しているダウ・デュポンの農業部門の売上高は124億ユーロ、中国化工集団(ケムチャイナ)に買収されたシンジェンタは110億ユーロとなるとしている。

 ・Department of Justice, 2018-5-29  ・Bayer, 2018-5-29  ・ロイター  ・日経, 2018-4-27
【関連記事】
カテゴリー
よく読まれている記事