最終更新日:2018年6月22日
2018年

8月
9月
10月
11月
12月

 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年
 17年

2018年6月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
最近の記事
2018.07.21 No.948
2018.07.17 No.946
2018.07.14 No.945
2018年6月の記事
2018.06.29 No.936
2018.06.25 No.935
2018.06.24 No.934
2018.06.22 No.933
2018.06.16 No.932
2018.06.11 No.931
2018.06.08 No.930
2018.06.07 No.929
2018.06.04 No.928
2018.06.03 No.927
2018.06.02 No.926
2018.06.01 No.924
2018年5月の記事
2018.05.31 No.923
2018.05.30 No.922
2018.05.17 No.921
2018.05.14 No.920
2018.05.06 No.919
2018.05.03 No.918
2018年6月

2018.06.22 No.933
■カナダ産小麦:GM自生で輸入停止も早期に再開か
140619_wheat-4.jpg
収穫期の小麦

 カナダでモンサントの除草剤ラウンドアップ耐性遺伝子組み換え小麦(MON71200)の自生が見つかった問題で、日本政府は6月15日、カナダ産小麦の輸入を一時停止した。ロイターなどによれば、韓国も輸入を一時停止している。

 日本政府は、カナダ食品食品検査庁の調査結果を確認するため調査団を出したと、カナダの地元紙(電子版)で報じられている。

 農水省は19日、今後カナダ国産小麦の輸入に際して遺伝子組み換え小麦の混入の有無の検査を業者に義務付ける方針と日本農業新聞が報じている。既に輸入され、国内の港湾などに留め置かれている同国産小麦も検査対象とするという。

 ・iPolitics, 2018-6-18  ・日本農業新聞, 2018-6-20

 日本政府は、これまでの米国でのGM小麦自生の時も一時的に米国産小麦の輸入を停止した。しかし、なぜ自生していたかのルートの解明がなされないまま輸入を再開している。カナダ食品食品検査庁の調査でも自生の原因は分かっていないが、前回同様に調査結果を「見て」早い時期に輸入再開となるのではないか。

【関連記事】
カテゴリー
よく読まれている記事