最終更新日:2018年7月17日
2018年
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年
 17年

2018年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
最近の記事
2018.11.28 No.973
2018.10.23 No.972
2018.10.08 No.971
2018年7月の記事
2018.07.31 No.952
2018.07.30 No.951
2018.07.26 No.950
2018.07.25 No.949
2018.07.21 No.948
2018.07.17 No.946
2018.07.14 No.945
2018.07.13 No.944
2018.07.10 No.942
2018.07.09 No.941
2018.07.07 No.940
2018.07.05 No.939
2018.07.03 No.938
2018年6月の記事
2018.06.29 No.936
2018.06.25 No.935
2018.06.24 No.934
2018.06.22 No.933
2018.06.16 No.932
2018.06.11 No.931
2018.06.08 No.930
2018.06.07 No.929
2018.06.04 No.928
2018.06.03 No.927
2018.06.02 No.926
2018.06.01 No.924
2018年7月

2018.07.17 No.946
■タンチョウヅルの焼き鳥は食べますか?
unadon.jpg / Flickr
うな丼 / ayustety / Flickr

 7月20日の「土用の丑」に向けてスーパーのチラシにはウナギが並んでいる。ネット通販大手のアマゾンやヨドバシカメラまでもが販売している。そんなウナギは、ジャイアントパンダより絶滅が危惧されている程に生息数が激減しているという。

 環境省は2013年、ニホンウナギを「近い将来における野生での絶滅の危険性が高い」絶滅危惧IB種に指定してレッドリストに登載した。環境省は、天然のニホンウナギの漁獲量データを基にした3世代(12〜45年)の減少率は72〜92%と推定し、生息数が急激に減少したとしている。完全養殖の出来ないウナギは、稚魚のシラスウナギを採ってきて、養鰻場で大きくしているだけで、天然のシラスウナギが採れなければ供給量も減少する。農水省のまとめでも、輸入を含むウナギの供給量は、2000年の約16万トンをピークに、2016年に5万トンと3割にまで急激に落ち込んでいる。

 ・環境省, 2013-2-1  ・農水省2018-6  ・環境省, 2017-3-31

 各国政府や政府機関、NGOなどで構成される国際自然保護連合(IUCN)も絶滅が危惧される種を7つのランクに分けて指定している。そこでは、ニホンウナギを含むウナギ類3種が絶滅危惧に、日本でも販売されているウナギの一つビカーラウナギが準絶滅危惧とされている。国際的にも、ニホンウナギの将来が懸念されている。

 ● 国際自然保護連合レッドリスト
区 分 内 容
CR
Critically Endangered
絶滅危惧IA類
ごく近い将来における野生での絶滅の危険性が極めて高い種
・ヨーロッパウナギ
EN
Endangered
絶滅危惧IB類
IA類ほどではないが、近い将来における野生での絶滅の危険性が高い種
・ニホンウナギ
・アメリカウナギ
・トキ
・タンチョウヅル
VU
Vulnerable
絶滅危惧II類
絶滅の危険が増大している種
・ジャイアントパンダ
NT
Near Threatened
準絶滅危惧
存続基盤が脆弱な種
・ビカーラウナギ
 ・IUCN

売れずに廃棄 シラスウナギは密輸や密漁で採補

 グリーンピースは今年6月、ウナギに関する大手小売16社への調査レポートを公表した。その中で、2017年に販売できずに処分した商品がなかったと回答したのは2社(パルシステム、ヤオコー)で、少なくともイオンなど10社が廃棄処分したとしている。処分した量を回答した5社だけでも2.7トン(1尾200グラムとして約1万3千尾)が廃棄されたという。

 グリーンピースの公開したファクトシートで、海部健三氏(中央大学法学部准教授)は、日本で流通しているウナギの7割が「(シラスウナギの)密輸、密漁、無報告漁獲など違法行為を経ている」と考えられると指摘している。国内養殖でも、国外養殖の輸入ウナギでも、高い確率で違法行為由来のウナギが混在していることになり、100%適法である養殖ウナギの入手は「ほぼ不可能」だという。大手小売16社の回答でも、ほとんどが違法由来の可能性を否定していない。

 ・グリーンピース, 2018-6-4

  国際自然保護連合のレッドリストには、ニホンウナギ、トキ、タンチョウヅルが同じ絶滅が危惧されるEN(Endangered)にリストされている。言い換えれば、ウナギの蒲焼を食べることは、トキやタンチョウヅルの焼き鳥を食べることと同じということだ。ウナギを食べないことは、それほど難しいことではない。簡単にできる。違法取引由来のウナギを、どうしても食べなければならない理由はない。一人ひとりが食べないことで、すぐにも状況が改善されることはないかもしれない。しかし、今以上に悪化させないことには寄与できるだろう。食べ尽くしてしまっては後がない。


カテゴリー
よく読まれている記事