最終更新日:2018年7月31日
2018年

9月
10月
11月
12月

 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年
 17年

2018年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
最近の記事
2018.08.12 No.960
2018.08.11 No.959
2018.08.08 No.958
2018年7月の記事
2018.07.31 No.952
2018.07.30 No.951
2018.07.26 No.950
2018.07.25 No.949
2018.07.21 No.948
2018.07.17 No.946
2018.07.14 No.945
2018.07.13 No.944
2018.07.10 No.942
2018.07.09 No.941
2018.07.07 No.940
2018.07.05 No.939
2018.07.03 No.938
2018年6月の記事
2018.06.29 No.936
2018.06.25 No.935
2018.06.24 No.934
2018.06.22 No.933
2018.06.16 No.932
2018.06.11 No.931
2018.06.08 No.930
2018.06.07 No.929
2018.06.04 No.928
2018.06.03 No.927
2018.06.02 No.926
2018.06.01 No.924
2018年7月

2018.07.31 No.952
■厚労省:ビール製造用GM添加物を承認 今年5品目
131111_MHLW-2_.jpg
厚生労働省

 厚労省は7月30日、ダコニス(米国)の遺伝子組み換え微生物を使ったGM添加物を承認した。承認されたαーアミラーゼは、耐熱性のあるデンプン分解酵素でビールやシロップの製造で効率向上を目的に使用されるという。今年に入って4回目となり、合計5品目が承認された。現在、さらに6品目の遺伝子組み換え添加物が審査中であり、今年中に10品目を超えるかも知れない。

 ・厚労省, 208-7-30

 これまでに承認されたGM添加物は、このαーアミラーゼで35品目となる。こうした原料加工用のGM添加物は、例えばこのαーアミラーゼがビール製造に使われたとしても、表示義務はなく消費者には全く分からないという問題がある。遺伝子組み換え食品表示制度の抜け道の一つとなっている。

 このダコニスの遺伝子組み換え微生物を使ったαーアミラーゼは、今年6月26日の食品安全委員会は「ヒトの健康を損なうおそれはないと判断した」とする健康影響評価を決めていた。

 ・食品安全委員会, 2018-6-26
【関連記事】
カテゴリー
よく読まれている記事