最終更新日:2018年8月4日
2018年

9月
10月
11月
12月

 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年
 17年

2018年8月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
最近の記事
2018.08.12 No.960
2018.08.11 No.959
2018.08.08 No.958
2018年8月の記事
2018.08.12 No.960
2018.08.11 No.959
2018.08.08 No.958
2018.08.06 No.957
2018.08.04 No.956
2018.08.02 No.955
2018.08.01 No.954
2018年7月の記事
2018.07.31 No.952
2018.07.30 No.951
2018.07.26 No.950
2018.07.25 No.949
2018.07.21 No.948
2018.07.17 No.946
2018.07.14 No.945
2018.07.13 No.944
2018.07.10 No.942
2018.07.09 No.941
2018.07.07 No.940
2018.07.05 No.939
2018.07.03 No.938
2018年8月

2018.08.04 No.956
■トランプ政権:新たな環境政策の後退 野生保護区でのネオニコとGMO栽培禁止を解除
Danaus-eresimus.jpg / Flickr
野生生物保護区のヘイタイマダラ。(米国フロリダ州) / Judy Gallagher / Flickr

 米国はオバマ政権時代にミツバチなど花粉媒介動物(ポリネーター)の保護に踏み出していた。米国魚類野生生物局(FWS)は2014年7月、野生保護区でのネオニコチノイド系農薬の使用と遺伝子組み換え作物の栽培を禁止した。しかし、トランプ政権は8月3日、この野生保護区内で許可された農業における、これらの禁止解除を決定したとロイターなどが伝えた。トランプ政権の後ろ向きな環境政策に新たな後退が加わった。

 野生生物保護団体のディフェンダーズ・オブ・ワイルドライフ(Defenders of Wildlife)は3日、「トランプ政権は、野生生物保護区に依存するハチやチョウのような生物種に脅威となる、野生生物保護区におけるネオニコチノイド系農薬や遺伝子組み換え作物の使用に関するオバマ政権の禁止を引っくり返した」とする声明を発表した。声明はまた、「トランプ政権による有毒な農薬や遺伝子組み換え作物の使用承認は、野生動物保護区とそれに依存する野生生物をバカにするもの」と非難している。

 ディフェンダーズ・オブ・ワイルドライフによれば、米国魚類野生生物局(FWS)のシーハン副局長は2日付のメモで、オバマ政権時代に下されたネオニコとGMO作物の禁止について「ケース・バイ・ケースで判断する」としているという。

 ・Defenders of Wildlife, 2018-8-3  ・Reuters, 2018-8-3  ・Hufingtponpost, 2018-8-3
【関連記事】
カテゴリー
よく読まれている記事