最終更新日:2018年8月6日
2018年
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年
 17年

2018年8月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
最近の記事
2018.10.08 No.971
2018.10.07 No.970
2018.10.06 No.969
2018年8月の記事
2018.08.31 No.965
2018.08.22 No.963
2018.08.17 No.962
2018.08.16 No.961
2018.08.12 No.960
2018.08.11 No.959
2018.08.08 No.958
2018.08.06 No.957
2018.08.04 No.956
2018.08.02 No.955
2018.08.01 No.954
2018年7月の記事
2018.07.31 No.952
2018.07.30 No.951
2018.07.26 No.950
2018.07.25 No.949
2018.07.21 No.948
2018.07.17 No.946
2018.07.14 No.945
2018.07.13 No.944
2018.07.10 No.942
2018.07.09 No.941
2018.07.07 No.940
2018.07.05 No.939
2018.07.03 No.938
2018年8月

2018.08.06 No.957
■プラゴミが温室効果ガスの発生源 新たなリスク要因
black-multi.jpg
農業用マルチもマイクロプラスチックに分解。その途中、温室効果ガスを放出する

 米国ハワイ大学の研究チームはこのほど、ペットボトルの原料であるPET(ポリエチレンテレフタレート)やレジ袋の原料でもあるポりエチレンが環境中で劣化し、温室効果ガスのメタンやエチレンを放出するという「予期しない結果」を得たと、米科学誌プロスワンに発表した。

 研究チームは、食品保存や織物、建材などいろいろなプラスチック製品の原料となるポリカーボネート、アクリル、ポリプロピレン、ポリエチレンテレフタレート(PET)、ポリスチレン、高密度ポリエチレン(HDPE)、低密度ポリエチレン(LDPE)の7種類のプラスチックについて試験した。その結果、いずれのプラスチックも、劣化してメタンやエチレンを放出を確認したという。中でも、低密度ポリエチレン、ポリスチレン、PETの順に2つのガスの放出が多かったという。放出量の最も多かった低密度ポリエチレンは、農業用マルチなどにも使われている。

 研究チームはまた、低密度ポリエチレン(LDPE)のペレットからガス放出が長期間続き、放出ガスが増加することを確認したとしている。そして、海洋で発見された低密度ポリエチレンの破片からも、太陽光にさらされ温室効果ガスを放出することを発見したという。日中、太陽光にさらされた低密度ポリエチレンからのガス放出は夜間も続いたという。

 研究チームのデビット・カール教授は、「プラスチックがより多く生産され、環境中に蓄積されることで、気候に関係する微量ガスの発生源となる。この排出源は、地球規模のメタンとエチレンのサイクルを評価にはまだ考慮されておらず、大きな影響を与えるかもしれない」と述べている。

 ・PLOS ONE 2018-8-1  ・University of Hawai'i, 2018-8-1  ・AFP, 2018-8-2
試験されたプラスチックの主な用途
プラスチック 用 途
ポリカーボネート 透明窓材・容器・CD盤・食器
アクリル 透明窓材・繊維・絵具
ポリプロピレン 容器・ストロー・不織布・ロープ・魚網
ポリエチレンテレフタレート(PET) ペットボトル・繊維(フリース)・フィルム
ポリスチレン 発泡スチロール・容器・シート
高密度ポリエチレン(HDPE) 容器・運搬用コンテナ・レジ袋・ブルーシート
低密度ポリエチレン(LDPE) 農業用マルチ・緩衝材

 プラスチック廃棄物汚染の地球環境への影響は、海洋生物多様性へのリスクや、魚や貝などに取り込まれることで食品に混入し、有毒物質や内分泌かく乱物質が食品中に溶出するリスクに加え、これまで考慮されていなかった温室効果ガスのリスクが加わったことになる。

【関連記事】
カテゴリー
よく読まれている記事