最終更新日:2018年8月8日
2018年
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年
 17年

2018年8月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
最近の記事
2018.11.28 No.973
2018.10.23 No.972
2018.10.08 No.971
2018年8月の記事
2018.08.31 No.965
2018.08.22 No.963
2018.08.17 No.962
2018.08.16 No.961
2018.08.12 No.960
2018.08.11 No.959
2018.08.08 No.958
2018.08.06 No.957
2018.08.04 No.956
2018.08.02 No.955
2018.08.01 No.954
2018年7月の記事
2018.07.31 No.952
2018.07.30 No.951
2018.07.26 No.950
2018.07.25 No.949
2018.07.21 No.948
2018.07.17 No.946
2018.07.14 No.945
2018.07.13 No.944
2018.07.10 No.942
2018.07.09 No.941
2018.07.07 No.940
2018.07.05 No.939
2018.07.03 No.938
2018年8月

2018.08.08 No.958
■ブラジル:グリホサート製剤の使用を一時禁止
Brazil-soybeans-spray.jpg / Flickr
ブラジルの大豆圃場と農薬散布機 / Claus Isenberg / Flickr

 ブラジル連邦裁判所は8月6日、グリホサートを含む製品について、連邦政府がその毒性再評価を完了するまで、使用を禁止するとの決定を下したとロイターが報じた。30日以内に登録が停止されるという。

 この決定についてモンサントは、「ブラジルの農家が40年以上にわたりグリホサートに依存しており、世界中のレビューが除草剤が安全に使用できると結論付けている。モンサントは、農薬を安全に使用するために、ブラジル国家衛生監督庁(ANVISA)の手順を遵守する」と述べたという。

 ブラジルは米国に次ぐ大豆生産大国であり、2016年には約1億トンを生産しているが、その9割が遺伝子組み換え大豆で、多くが除草剤耐性品種だという。ロイターによれば、農業団体幹部は、「裁判官の間違いであり、決定が取り消されると思う。これらの農薬がなくては農業はやれない」とコメントしたという。

 決定ではまた、殺虫剤のアバメクチンと殺菌剤のチウラムについても、同様に使用が一時禁止されたとしている。この決定に関する裁判の詳細は明らかではない。

 ・Reuters, 2018-8-6

 国際がん研究機関(IARC)は2015年、グリホサートは「おそらく発がん性がある」と評価した。EUでは一昨年からグリホサートの禁止を求める市民発議に140万人が署名するなど、グリホサート禁止の動きが強くなってきている。昨年12月、EUはグリホサートの農薬登録を延長した。しかし、登録延長に反対したフランスなどEU加盟6か国の農業・環境大臣は連名で、EU委員会に宛ててグリホサートの段階的禁止計画の策定を要請する書簡を送っている。フランスは昨年、2022年までにグリホサートを禁止する方針を明らかにしている。今年2月、ドイツのキリスト教民主・社会同盟と社会民主党の連立協定はグリホサートの禁止で合意している。

【関連記事】
カテゴリー
よく読まれている記事