最終更新日:2018年10月8日
2018年
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年
 17年

2018年10月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
最近の記事
2018.10.08 No.971
2018.10.07 No.970
2018.10.06 No.969
2018年10月の記事
2018.10.08 No.971
2018.10.07 No.970
2018.10.06 No.969
2018年9月の記事
2018.09.19 No.968
2018.09.01 No.967
2018年8月の記事
2018.08.31 No.965
2018.08.22 No.963
2018.08.17 No.962
2018.08.16 No.961
2018.08.12 No.960
2018.08.11 No.959
2018.08.08 No.958
2018.08.06 No.957
2018.08.04 No.956
2018.08.02 No.955
2018.08.01 No.954
2018年10月

2018.10.08 No.971
■輸入米麦の残留農薬 北米産小麦のほとんどからグリホサート検出
rice-wheat.jpg
玄米と玄麦

 日本は77万トンの米と530万トンの小麦を輸入しているが、農水省は輸入米麦の残留農薬の検査し、そのうち食品衛生法に基づく残留農薬基準を超過していないが定量限界以上の濃度が検出された農薬について公表している。この公表データから、残留する除草剤グリホサートとネオニコチノイド系殺虫剤に着目してみた。

 公表されたデータでは、2008年度から2017年度(前期分)の輸入米における残留農薬のグリホサートとネオニコチノイド系は、定量限界以上が検出されたケースは少ない。

 ネオニコ系は、チアメトキサム(2017年、インド産)とアセタミプリド(2013年と2017年のパキスタン産)が検出されている。いずれも基準値超えはなかったとしている。

 グリホサートは、2016年(後期)と2017年度(前期)に米国産から検出されている。2017年度(前期)のグリホサートでは、221点検査して、206点が定量限界0.03mg/Kg未満であり、15件が定量限界以上、残留基準値0.1mg/Kg未満だったとしている。米国以外の輸入国(イタリア、インド、オーストラリア、タイ、中国、パキスタン、ベトナム)からは検出されていないとしている。

imported-rice-chemicals_2008-2017.jpg

 輸入小麦について2013年度から2017年度について、グリホサートの検出状況を見てみると、毎年のように検出されているが、輸入先によって大きな違いが出ている。小麦は、そのほとんどを米国、カナダ、オーストラリア、から輸入しているが、フランスを加えた4カ国の検査結果が公表されている。いずれも基準値超えはなかったとしている。

 グリホサートの検出率は輸出国によって大きく異なり、カナダ産はほぼ100%、米国産は約95%とほとんどから検出されている。一方、オーストラリア産とフランス産では10%強からの検出となっている。カナダ産と米国産が多いのは、収穫直前に強制的に枯らして乾燥させるための除草剤散布(プレハーベスト)にグリホサートが使用されていることが原因と思われる。このような乾燥目的の収穫直前のプレハーベストは日本では認められていない。

import-wheat-glyphosate_2013-2017.jpg
 
 ・農水省  ・日本食品化学研究振興財団

 欧州消費者のグリホサート反対の高まりを背景に、イタリアのパスタメーカーのバリラは今年4月、小麦の残留グリホサートを懸念してカナダ産小麦の使用を減らすと発表している。

【関連記事】
カテゴリー
よく読まれている記事