最終更新日:2018年2月28日
2018年
6月

7月
8月
9月
10月
11月
12月

 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年
 17年

2018年2月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728
2018年2月の記事
2018.02.28 No.891
2018.02.26 No.890
2018.02.21 No.889
2018.02.18 No.888
2018年1月の記事
2018.01.24 No.887
2018.01.20 No.886
2018.01.18 No.885
2018.01.17 No.884
2018.01.15 No.883
2018.01.13 No.881
2018.01.10 No.880
2018.01.09 No.879
2018.01.06 No.878
2018年2月

2018.02.28 No.891
■農研機構 今年度3種類のGMイネを試験栽培
150915_inaho.jpg
刈り入れ間近のイネ

 農研機構は2月27日、今年つくば市内の農研機構の隔離圃場で行なう3種類の遺伝子組み換えイネ(スギ花粉ペプチド含有イネ、スギ花粉ポリペプチド含有イネ、複合病害抵抗性イネ)の試験栽培について、説明会を3月20日に開催すると発表した。


■厚労省 GM大豆とGM微生物由来添加物を承認
100921_soy.jpg
大豆

 厚労省は1月30日、遺伝子組み換え微生物を使って生産したDSM社(オランダ)の添加物リボフラビンを、2月23日にはデュポンの高オレイン酸含有大豆3品種を承認した。これにより、承認された組み換え食品は318品種、添加物は31品目となる。ここ数年、遺伝子組み換え由来の添加物が増えている。


2018.02.26 No.890
■ネオニコ系農薬の代替はIPMが有効 新たな研究
rape_Bumble_Bee.jpg / Flickr
ナタネとマルハナバチ / Dean Morley / Flickr

 浸透性殺虫剤タスクフォースは2月25日、有害なネオニコチノイド系農薬の実行可能な代替策について、総合的病害虫管理(IPM)の原則と手法を用いることが、経済的にも効果的であるとする新たな研究論文を専門誌に発表した。この論文は、浸透性殺虫剤タスクフォースが昨年発表した『浸透性殺虫剤の生物多様性と生態系への影響に関する世界的な統合評価書』第2版(WIA2)の第3章に当たる。


2018.02.21 No.889
■英国:有機市場は3千億円規模 年6%成長
Veg-box_1.jpg / Flickr
有機野菜ボックス(英国) / Jessica Spengler / Flickr

 英国の有機農業団体ソイル協会は2月7日、英国の有機食品と飲料の売上高は22億ポンド(約3300億円)で、この1年で6%成長したとするレポート(2018年版)を発表した。有機食品に対する需要の高まりで、英国ではこの6年間安定した生長を続けているとしている。


2018.02.18 No.888
■ドイツ大連立協定 グリホサート禁止を盛り込む
stop_glyphosate-4.jpg / Flickr
STOP GLYPHOSATE=11月23日、ドイツ / campact / Flickr

 2月7日に協議が成立したドイツのキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)と社会民主党(SPD)の大連立交渉は、除草剤グリホサートのドイツ国内での原則禁止で合意した。体系的な最小化戦略により、グリホサートを含む農薬の使用を大幅に制限し、可能な限り迅速に使用を終了させることを目標としているという。グリホサートの禁止については、昨年11月の予備交渉において合意されていた。


■米国下院 ポリネーター保護法案再提出
bee_natane.jpg / Flickr
ミツバチとナタネ / Raquel e Ives / Flickr

 米国下院のブルメナウアー議員とマクガバン議員は2月14日、「米国ポリネーター保護法」を再提出すると発表した。法案は環境保護局(EPA)に対して、ネオニコチノイド系殺虫剤の使用を一時禁止した上で、完全な評価を行い、これらの殺虫剤の使用がミツバチなどのポリネーター(花粉媒介者)に有害な影響を及ぼさないことを明確にすることを求めるというものだという。実質的にネオニコ系農薬禁止法案といえそうだ。法案の詳細はまだ公開されていない。

カテゴリー
よく読まれている記事