最終更新日:2018年9月19日
2018年
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年
 17年

2018年9月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
2018年9月の記事
2018.09.19 No.968
2018.09.01 No.967
2018年8月の記事
2018.08.31 No.965
2018.08.22 No.963
2018.08.17 No.962
2018.08.16 No.961
2018.08.12 No.960
2018.08.11 No.959
2018.08.08 No.958
2018.08.06 No.957
2018.08.04 No.956
2018.08.02 No.955
2018.08.01 No.954
2018年9月

2018.09.19 No.968
■着色粒規定の見直しを求める陳情 相次いで採択
160930_hantenmai.jpg
有機栽培無農薬米からやっと見つけた斑点米。試食会では味は変わらないと評価

 秋田県上小阿仁村議会は9月13日、生きもの共生農業を進める会など3団体が提出していた、農産物検査法の着色粒規定の廃止などを求める「農産物検査法の抜本的見直しを求める陳情」を採択した。この陳情は小坂町議会、八峰町議会でも採択された。同会は、同様の請願や陳情をを秋田県内25市町村議会に対して提出していた。コメ農家の声が反映された国への意見書は、大潟村、五城目町に続くもので、秋田県内の5議会が採択した。同会では、「各地の9月議会が終わり次第、今後も採択が増える」とみている。


2018.09.01 No.967
■フランスは今日9月1日よりネオニコ禁止
bee_rape.jpg / Flickr
ネオニコを使ったナタネの花蜜にもネオニコが含まれる / Gilles San Martin / Flickr

 フランスは9月1日より、世界で初めて5種類のネオニコチノイド系農薬を禁止する。16年に成立した生物多様性法に基くもので、EUが12月より屋外での使用を禁止するイミダクロプリド、クロチアニジン、チアメトキサムに加え、チアクロプリドとアセタミプリドの使用も禁止される。昨年9月には、同じ浸透移行性のフィプロニルのEUで登録が失効し使えなくなっている。

カテゴリー
よく読まれている記事