最終更新日:2018年10月8日
2018年
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年
 17年

2018年10月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2018年10月の記事
2018.10.08 No.971
2018.10.07 No.970
2018.10.06 No.969
2018年9月の記事
2018.09.19 No.968
2018.09.01 No.967
2018年8月の記事
2018.08.31 No.965
2018.08.22 No.963
2018.08.17 No.962
2018.08.16 No.961
2018.08.12 No.960
2018.08.11 No.959
2018.08.08 No.958
2018.08.06 No.957
2018.08.04 No.956
2018.08.02 No.955
2018.08.01 No.954
2018年10月

2018.10.08 No.971
■輸入米麦の残留農薬 北米産小麦のほとんどからグリホサート検出
rice-wheat.jpg
玄米と玄麦

 日本は77万トンの米と530万トンの小麦を輸入しているが、農水省は輸入米麦の残留農薬の検査し、そのうち食品衛生法に基づく残留農薬基準を超過していないが定量限界以上の濃度が検出された農薬について公表している。この公表データから、残留する除草剤グリホサートとネオニコチノイド系殺虫剤に着目してみた。


2018.10.07 No.970
■チェコ 来年からグリホサート禁止へ フランスは議会が否決
stop_glyphosate-3.jpg / Flickr
グリホサート禁止を求める市民=2017年10月、ドイツ / campact / Flickr

 グリホサート禁止でEU諸国の先頭かに見えたフランスだったが、マクロン大統領の「3年以内の禁止」が議会で否決された。その一方、EUの登録延長に賛成したチェコは来年からの禁止の方針を明らかにした。


■相次ぐGM添加物の承認 今年すでに7品種
Aspergillus_niger-SEM.jpg / Wikimedia
黒麹菌 / Mogana Das Murtey and Patchamuthu Ramasamy / Wikimedia

 厚労省は10月3日、ノボザイムズ(デンマーク)の遺伝子組み換え微生物を使ったGM添加物2品種を承認した。これにより承認済みのGM添加物は37品種になる。2014年ごろから承認件数が増えている。


2018.10.06 No.969
■ゲノム編集由来の大豆油が米国市場に 加工は有機認証大豆製油所
High_Oleic_Soybeans.jpg / Flickr
米国の高オレイン酸大豆畑 / United Soybean Board / Flickr

 米国のゲノム編集作物開発企業カリクスト社は9月28日、同社のゲノム編集高オレイン酸大豆の搾油加工について、有機大豆油などの委託加工業者の一つアメリカン・ナチュラル・プロセッサーと契約したと発表した。同社はまた、KemX Globalとも契約したと10月4日に発表した。同社は今年後半から来年前半にかけて、同社のゲノム編集高オレイン酸大豆を使った大豆油の販売を始めるとしている。この発表通りとすれば、ゲノム編集加工食品がスーパーの棚に並ぶ可能性がでてきた。同社のゲノム編集大豆は、特定の遺伝子を働かないようにしたもの(ノックアウト)で、外来遺伝子の挿入を行っていないことから、米国農務省は遺伝子組み換えではないとしているという。

カテゴリー
よく読まれている記事