最終更新日:2019年7月15日
2019年
1月
2月
3月

9月
10月
11月
12月

 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年
 17年 18年

2019年7月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
最近の記事
2019.08.25 No.1000
2019.08.20 No.999
2019.08.17 No.998
2019年7月の記事
2019.07.28 No.991
2019.07.23 No.990
2019.07.23 No.989
2019.07.21 No.988
2019.07.20 No.987
2019.07.18 No.986
2019.07.15 No.985
2019.07.13 No.984
2019.07.11 No.983
2019.07.05 No.982
2019年6月の記事
2019.06.16 No.981
2019.06.08 No.980
2019年5月の記事
2019.05.14 No.979
2019.05.09 No.978
2019年7月

2019.07.15 No.985
■米国小売大手クローガー ネオニコ排除と有機食品取扱いアップを公表
Kroger.jpg / Flickr
クローガーの店舗(米国・オハイオ州) / Nicholas Eckhart / Flickr

 米国小売大手のクローガーはこのほど、2020年までにガーデンセンターで取り扱う植物をネオニコチノイド不使用とすると発表した。併せて供給者が農薬使用をやめ代替的な病害虫管理を推奨するとしている。また、有機製品の取扱いや、自社ブランド製品において人工保存料不使用製品を増やしていくとしている。クローガーは昨年6月、今回と同様に、ミツバチなど花粉媒介動物(ポリネーター)へのリスクを考慮し、2020年までに取扱いの園芸植物のネオニコチノイド系農薬を段階的に排除するとの方針を発表していたが、今回、有機製品の取扱いの増加などを追加し、ネオニコチノイド系農薬不使用を再確認した形だ。

 米国の環境団体の一つFriend of Earthは6月27日、このクローガーの方針表明を歓迎する声明を発表し、このことは米国の環境NGOや消費者団体、市民などの3年にわたる要請と「圧力」によるものと評価している。これまでにも、市民運動や環境保護団体の粘り強い要請とキャンペーンにより、米国小売大手のウォルマートなどがネオニコチノイド系農薬不使用を明確にしていた。

 ・Kroger, 2019-6  ・Friend of Earth, 2019-6-27

 Friend of Earthなどは今年1月、クローガーを含む米国小売大手の販売する食品の残留農薬調査結果を公表している。アップルジュースの73%から、またホウレンソウでは80%からネオニコチノイド系農薬を検出したとしている。

 ・Friend of Earth, 2019-1

 欧米の大手ホームセンターでは2015年以来、ネオニコチノイド系農薬の排除表明が続き、小売業界の脱ネオニコの動きは大きくなってきている。今回のクローガーの表明はこうした動きに続くものだ。グリホサート排除の動きもでてきている。

2015年
 4月)米国ホームセンター大手ロウズは4年でネオニコ関連商品排除を公表
 5月)米国ホームセンター大手ホームデポは2018年内に取り扱い植物のネオニコ・フリーを達成と発表
2016年
 4月)米国家庭用農薬メーカー、ミツバチ保護の観点から脱ネオニコを宣言
12月)米国小売大手のコストコ、ミツバチ保護で販売する園芸植物の脱ネオニコ方針を発表
2017年
 4月)英国のホームセンターB&Qは、来春までにネオニコ・フリーにすると発表
 5月)米国小売大手のウォルマートとトゥルーバリューは段階的ネオニコ系農薬の排除を明らかにしたと大地の友が発表
2018年
 5月)米国小売大手のクローガーは、2020年までにガーデンセンターで取り扱う植物をネオニコチノイド不使用とすると発表

【関連記事】
カテゴリー
よく読まれている記事