最終更新日:2019年7月18日
2019年
1月
2月
3月

9月
10月
11月
12月

 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年
 17年 18年

2019年7月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
最近の記事
2019.08.20 No.999
2019.08.17 No.998
2019.08.16 No.997
2019年7月の記事
2019.07.28 No.991
2019.07.23 No.990
2019.07.23 No.989
2019.07.21 No.988
2019.07.20 No.987
2019.07.18 No.986
2019.07.15 No.985
2019.07.13 No.984
2019.07.11 No.983
2019.07.05 No.982
2019年6月の記事
2019.06.16 No.981
2019.06.08 No.980
2019年5月の記事
2019.05.14 No.979
2019.05.09 No.978
2019年7月

2019.07.18 No.986
■米国GM小麦自生 農水省 米国産小麦輸入停止せず
140619_organic-wheat-4.jpg

 農水省は7月17日、6月に米国で見つかった遺伝子組み換え小麦について、輸入停止しないと発表した。農水省はQ&Aで、船積み時のサンプルで検査し、組み換えタンパク質(CP4-EPSPS)が検出された場合は、該当ロットの輸入と販売を行わないとしている。これまではその都度、一部の米国産小麦について、一時的な輸入停止を実施していた。

 米国農務省は6月7日、米国で4度目となるモンサント開発の除草剤ラウンドアップ(グリホサート)耐性遺伝子組み換え小麦の自生を確認したと発表した。7月12日には、見つかった自生の遺伝子組み換え小麦がMON71300とMON71800であったと発表した。自生が見つかった場所は、かつての隔離圃場の跡地だったという。また、米国農務省は、サプライチェーンへの混入はないと発表している。

 今回も、十数年を経て自生が確認されたわけだが、その原因ははっきりしないまま「迷宮入り」となっている。しかし、遺伝子組み換え小麦を開発し、試験栽培したモンサントの杜撰な管理が招いた自生であることははっきりしている。これからも遺伝子組み換え小麦の自生が見つかる可能性はあるだろうし、遺伝子汚染が秘かに進行していないとは言い切れない。

 ・農水省, 2017-7-17  ・農業共同組合新聞, 2019-7-18

 農水省の遺伝子組み換え小麦に関する発表はこれまで、同省のサイトの「報道発表資料」に掲げたり、「米(稲)・麦・大豆」のページに掲載してきた。しかし今回、こうした目に見える形での発表はしていない。また、これまでの米国とカナダの遺伝子組み換え小麦自生に関連する発表などのリンクが見えないようURLを変更しているし、一部のページは削除された模様だ。厚労省の統計改ざんが大きな問題となったが、農水省でも「情報隠し」が横行し始めているように見える。

【関連記事】
カテゴリー
よく読まれている記事