最終更新日:2019年7月21日
2019年
1月
2月
3月

11月
12月

 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年
 17年 18年

2019年7月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
最近の記事
2019.10.20 No.1016
2019.10.19 No.1015
2019.10.16 No.1013
2019年7月の記事
2019.07.28 No.991
2019.07.23 No.990
2019.07.23 No.989
2019.07.21 No.988
2019.07.20 No.987
2019.07.18 No.986
2019.07.15 No.985
2019.07.13 No.984
2019.07.11 No.983
2019.07.05 No.982
2019年6月の記事
2019.06.16 No.981
2019.06.08 No.980
2019年5月の記事
2019.05.14 No.979
2019.05.09 No.978
2019年7月

2019.07.21 No.988
■ドイツ農業相 EUのグリホサート登録は22年まで
stop_glyphosate-4.jpg / Flickr
「STOP GLYPHOSATE」のプラカードを持つドイツ市民=2017年11月 / campact / Flickr

 ドイツ連邦政府のクレックナー食料・農業大臣は新聞のインタビューに答えて、EUにおけるグリホサートの登録は22年まで続くと語った、とブルームバーグが伝えた。さらに、グリホサート禁止を議決したオーストリアに続くべきではないと付け加えたという。クレックナー食料・農業大臣(キリスト教民主同盟)は、グリホサートの登録について22年以降の再登録は加盟国の支持が得られないだろうとし、ドイツでは、グリホサートに替わる安全な代替策を検討しているという。

 ・Bloomberg, 2019-7-14

 6月26日の連邦議会ではメルケル首相は、「最終的にグリホサートがこれ以上使用されなくなるところまで来ています」として、時期は明確にはしていないものの、グリホサートの使用はいずれなくなるとの見解を明らかにした。メルケル首相はまた、「農民に負担をかけずに達成されるべきだ」と付け加えたという。

 ・reuters, 2019-6-26

 一昨年11月、EUは加盟国の投票で5年間のグリホサートの登録延長を決めた。この投票に当たって、ドイツ連邦政府環境相は登録延長反対を明言していたが、実際に投票した農業相が賛成票を投じた。しかし、その後のキリスト教民主同盟と社会民主党との大連立では、グリホサートの禁止が明記され、環境相はたびたび禁止に言及していた。

 オーストリア国民議会は7月2日、グリホサートの使用を全面的に禁止する法案を可決し、フランスも禁止へと動いている。こうしたグリホサート禁止への動きが続くのであれば、クレックナー食料・農業大臣が指摘するように、EUの22年以降のグリホサート登録延長はほぼなくなったのではないか。

【関連記事】
カテゴリー
よく読まれている記事