最終更新日:2019年7月28日
2019年
1月
2月
3月

9月
10月
11月
12月

 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年
 17年 18年

2019年7月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
最近の記事
2019.08.20 No.999
2019.08.17 No.998
2019.08.16 No.997
2019年7月の記事
2019.07.28 No.991
2019.07.23 No.990
2019.07.23 No.989
2019.07.21 No.988
2019.07.20 No.987
2019.07.18 No.986
2019.07.15 No.985
2019.07.13 No.984
2019.07.11 No.983
2019.07.05 No.982
2019年6月の記事
2019.06.16 No.981
2019.06.08 No.980
2019年5月の記事
2019.05.14 No.979
2019.05.09 No.978
2019年7月

2019.07.28 No.991
■欧州議会 農薬などリスク評価の透明性確保の法案を可決 申請データが基本公開に
european_parliament_2019.jpg / Flickr
欧州議会 / European Parliament / Flickr

 欧州議会は4月17日、農薬などのリスク評価の透明性を高める新たな法律改正案を賛成603、反対17、棄権27という圧倒的多数で可決した。通過した改正案は閣僚理事会の承認を待って発効する。この改正案は、140万人が署名した2017年のグリホサート禁止も求める法的拘束力のあるEU市民発議のを受けたもので、グリホサートの禁止はならなかったものの、欧州委員会はリスク評価の改善を約束していた。

 食品の安全性リスク評価の信頼性と透明性を確保を目的とした今回の改正案では、企業の不都合な研究が隠されるのを防ぐためにEU共通のデータベースで研究を管理し、欧州食品安全機関(EFSA)はこの申請データを公開するというもの。

 ピラール・アユソ議員は「これにより、科学的根拠に基づいた意思決定プロセスが可能になり、ヨーロッパにおける安全性と公衆衛生の高水準を保証しながら、より透明性のあるものにすることで国民の信頼と意思決定プロセスへの信頼を高めることができる」と述べているという。

 ・European Parliament, 2019-4-17

  Health and Environment Allianceは可決直後、ツイッターで「EU議会は、私たちの食品の安全性を決定するために使用されるすべての企業による研究から、より多くの透明性を必要とする法律にゴーサインを出した。私たちの健康のためのとても大きな勝利!」とツイートした。

 Corporate Europe Observatory(CEO:欧州企業監視所)も可決直後「ストップ!グリホサート」の運動の成果であり勝利だとする声明を発表している。欧州企業監視所はまた、この改正案によればEFSAはデータを「検索、コピー、印刷」できる形式でデータを提供することを企業に要求することが可能になるはずであると指摘している。これまでに部分的に開示されたグリホサート関連のデータが電子的な処理の出来ないコピー画像であったことを考えると大きな進歩といえる。

 ・Corporate Europe Observatory, 209-4-17

 EUの透明性を高める今回の改正は、日本の農薬行政も避けて通れない。

【関連記事】
カテゴリー
よく読まれている記事