最終更新日:2019年9月5日
2019年
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年
 17年 18年

2019年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
最近の記事
2019.11.01 No.1021
2019.10.30 No.1020
2019.10.24 No.1018
2019年9月の記事
2019.09.20 No.1010
2019.09.16 No.1009
2019.09.13 No.1008
2019.09.11 No.1007
2019.09.10 No.1006
2019.09.09 No.1005
2019.09.08 No.1004
2019.09.05 No.1003
2019年8月の記事
2019.08.26 No.1001
2019.08.25 No.1000
2019.08.20 No.999
2019.08.17 No.998
2019.08.16 No.997
2019.08.10 No.996
2019.08.08 No.995
2019.08.07 No.994
2019.08.06 No.993
2019.08.05 No.992
2019年9月

2019.09.05 No.1003
■輸入小麦の残留グリホサート 豪州産の検出率急増
crude-wheat_350.jpg
小麦

 日本は年間500万トン以上の小麦を輸入してる。この輸入小麦について、農水省は残留農薬を検査しているが、このほど2018年度の船積時検査結果が公表された。このところ注目されているグリホサートについては、カナダ産の検出率は相変わらず100%をキープしている。

 米国産は前年より少し上がって98%から検出され、輸入量第3位のオーストラリア産は、前年の16.2%から約3倍の45.5%に急増している。一方、フランス産は前年は13.3%から検出されていたが、昨年度は検出されなかったとしている。この公表データは、具体的な検出値を明らかにしていない。

 ・農水省
import_wheat_glyphosate_2013-2018_.jpg
輸入小麦産地国別残留グリホサート検出率

【関連記事】
カテゴリー
よく読まれている記事