最終更新日:2019年10月24日
2019年
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年
 17年 18年

2019年10月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
最近の記事
2019.11.01 No.1021
2019.10.30 No.1020
2019.10.24 No.1018
2019年10月の記事
2019.10.30 No.1020
2019.10.24 No.1018
2019.10.23 No.1017
2019.10.20 No.1016
2019.10.19 No.1015
2019.10.16 No.1013
2019.10.14 No.1012
2019.10.09 No.1011
2019年9月の記事
2019.09.20 No.1010
2019.09.16 No.1009
2019.09.13 No.1008
2019.09.11 No.1007
2019.09.10 No.1006
2019.09.09 No.1005
2019.09.08 No.1004
2019.09.05 No.1003
2019年10月

2019.10.24 No.1018
■GM作物が細菌の抗生物質耐性獲得に寄与
glyphosate_resistance_soy.jpg / Flickr
グリホサート耐性遺伝子組み換えダイズの試験圃場 / Jo Zimny / Flickr

 米国・ワシントン州立大学の研究グループはこのほど、下水処理を通して環境中に放出された遺伝子組み換え作物に組み込まれた抗生物質耐性遺伝子により、細菌が抗生物質に対する耐性を獲得する可能性を示唆するとする研究結果を発表した。

 遺伝子組み換えの手法として、組み込み遺伝子の一部に抗生物質耐性遺伝子を加えることで、組み込み遺伝子が組み込まれた細胞を選別する方法がある。抗生物質を加えた培地では、抗生物質耐性遺伝子が組み込まれた細胞は生き残ることができるが、組み込まれなかった細胞は死滅することを利用した方法である。

 研究グループは、この抗生物質耐性遺伝子を含んだ食品を食べた場合、消化器系を通過して、排泄物に含まれ下水処理場な鈍感協に放出される事を見つけたという。遺伝子組み換え食品が一般的な米国にあって、処理場のスラッジこの遺伝子が多くあり、このことが歴史的に抗生物質耐性菌の拡大に寄与したのではないかという。

 米国では下水汚泥の半分が加工され、肥料として農地で使われているという。研究グループは、下水処理場から農地へのルートでどのように細菌が抗生物質耐性遺伝子を取り込むのかをモデル化するという。

 研究グループはまた、近年目立ってきたRNAサイレイシングにも、この抗生物質耐性遺伝子の水平伝達が適応されうるのではないかと考えているという。ゲノム編集などにより、一部の遺伝子を機能させないようにした遺伝子が、環境中に放出され、細菌などに取り込まれるのではないかという。

 ・Washington State University, 2019-10-18  ・GM Watch, 2019-10-19

 遺伝子が子孫に伝達される(垂直伝達)のとは異なり、種を超えて遺伝子が伝達される遺伝子の水平伝達に関する研究はかねてから行われていて、いくつかの研究結果が明らかになっている。

 ・遺伝子組み換え情報室
【関連記事】
カテゴリー
よく読まれている記事