最終更新日:2019年8月26日
2019年
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年
 17年 18年

2019年8月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2019年8月の記事
2019.08.26 No.1001
2019.08.25 No.1000
2019.08.20 No.999
2019.08.17 No.998
2019.08.16 No.997
2019.08.10 No.996
2019.08.08 No.995
2019.08.07 No.994
2019.08.06 No.993
2019.08.05 No.992
2019年7月の記事
2019.07.28 No.991
2019.07.23 No.990
2019.07.23 No.989
2019.07.21 No.988
2019.07.20 No.987
2019.07.18 No.986
2019.07.15 No.985
2019.07.13 No.984
2019.07.11 No.983
2019.07.05 No.982
2019年6月の記事
2019.06.16 No.981
2019.06.08 No.980
2019年8月
2019.08.26 No.1001
■米国環境NGO スルホキサフロルの規制緩和取消を求め提訴
honeybee-apple-pollination.jpg / Flickr
リンゴの花とミツバチ / BlueRidgeKitties / Flickr

 米国の2つの環境NGO、生物多様性センター(Center for Biological Diversity)と食品安全センター(Center for Food Safety)は8月20日、米国環境保護庁(EPA)を相手取って、ネオニコチノイド系スルホキサフロルの適用拡大を取り消すよう連邦地裁に提訴した。米国環境保護庁は今年7月、スルホキサフロルの規制緩和を行っていた。


2019.08.25 No.1000
■ネオニコを使わせないよう求める署名1万9千余り 農水省に提出
190823_petition_maff.jpg
19326筆の署名を提出(農水省前。後ろの花壇は人形峠ウラン残土レンガを使用)=8月23日

 グリーンピース・ジャパンは8月23日、この間集めてきた着色粒規定など農薬の過剰使用につながる現行規定の見直しを求める署名約1万9千筆を、生協連コープ自然派事業連合、米の検査規格の見直しを求める会、生き物共生農業を進める会ととも農水省に提出した。農水省は、米の検査規格の見直しを今年8月までに行うとして、「農産物規格・検査に関する懇談会」を今年1月以来3回開催してきた。この署名は、この見直しに農家や消費者の声を反映させようと行われていた。俎上に上がっている米の検査規格の中でも、着色粒規定がネオニコチノイド系などの農薬の過剰使用の元凶といわれてきた。


■アフリカ グリホサートの即時禁止を求める署名が始まる
poor_protection_burundi.jpg / Flickr
手袋もマスクもなく農薬を散布するブルンジの農家 / Joseph Ntawumeny / Flickr

 アフリカ生物多様性センター(ACB)とアフリカ食料主権連合(AFSA)は8月16日、グリホサートに関する報告書を発表し、同時にグリホサートの禁止を求めるウェブ署名(8月26日まで)を始めた。アフリカでは唯一マラウイがグリホサートを含む除草剤の輸入を禁止しているが、同センターは、近く輸入再開されるかもしれないと危惧し、欧米で禁止される農薬が、規制の緩やかなアフリカなどの発展途上国に流れ込むことを懸念している。


2019.08.20 No.999
■食品安全委員会 遺伝子組み換えジャガイモは安全と評価
making_potato_chips.jpg / Flickr
ポテトチップスを揚げる / mazaletel / Flickr

 食品安全委員会は8月6日、米国のシンプロット社の疫病耐病性・アクリルアミド生成量低減遺伝子組み換えジャガイモ(SPS-000Y9-7)について「ヒトの健康を損なうおそれはない」とする遺伝子組換え食品等専門調査会の健康影響評価を了承し意見公募を始めた。締切りは9月5日。


■厚労省 GM添加物を承認 今年3件目

 厚労省は8月16日、今年3品目目となるダニスコ社(米国)の微生物を利用した遺伝子組み換え添加物プルラナーゼを承認した。現在、食品安全委員会で審査中や承認手続き中の遺伝子組み換え添加物は10品目に上る。今回のプルラナーゼを含め、これまでに承認された遺伝子組み換え添加物は43品目となる。


2019.08.17 No.998
■タスマニア:GMOモラトリアムを10年延長するもゲノム編集を一部容認
tasmanian_vatlle-1.jpg / Flickr
タスマニアの放牧牛 / Michael Coghlan / Flickr

 オーストラリア・タスマニア州政府はこのほど、2001年以来続けている遺伝子組み換え(GMO)作物栽培禁止を10年間延長する方針を決めた。GMO禁止を規定している2014年の遺伝子組み換え生物管理法が今年11月で失効するため、新たな改正案が議会で審議される予定だという。


2019.08.16 No.997
■グリホサート販売中止のダイソー 代替品は酢酸系とグルホシネート
190816_daiso_herbicide.jpg
ダイソーの除草剤 (左)ダイソーが販売中止を決めたグリホサート系 (中)代替のグルホシネート系 (右)代替の酢酸系

 小樽・子どもの環境を考える親の会は昨年11月、100円ショップのダイソーを展開している大創産業が、グリホサート系除草剤の販売を在庫限りとして販売を中止すると回答したと発表している。大創産業は代替品として酢を使った除草剤の販売を始めている。このダイソーの販売中止は評価できる。日本の小売大手としては初めてのケースではないか。


2019.08.10 No.996
■米国:ネオニコで農地の昆虫毒性は48倍に 新たな「沈黙の春」か
natural_hive.jpg / Flickr
野生ミツバチの巣 / Eileen Fonferko / Flickr

 米国のトキシコロジー・リサーチ・インターナショナル(Toxicology Research International)などの研究グループは、90年代にネオニコチノイド系農薬が導入されて以降、この約25年間に米国の農業環境における昆虫への経口毒性は48倍増加し、その92%がネオニコチノイド系農薬に起因するという研究結果を専門誌(PLOS ONE)に発表した。研究グループは、この増加について、ミツバチや他の花粉媒介者(ポリネーター)を脅かす可能性があり、有益な昆虫の個体数だけでなく、食虫性の鳥や他の肉食性昆虫の減少の一因ともなると警告している。


2019.08.08 No.995
■輸入ワインからネオニコ 有機ワインは検出なし
wine_beaker_test.jpg
輸入ワイン残留農薬検査(提供:農民連食品分析センター)

 農民連食品分析センターは7月29日、自主検査で輸入ワインからネオニコチノイド系農薬をを含む21種類の残留農薬を検出したと発表した。調査したワインは、昨年5月から11月にかけて入手した世界各地の14か国の2銘柄で、うち有機ワイン4銘柄。非有機ワイン19銘柄からは、ネオニコチノイド系を含めて複数の何らかの農薬成分が検出され、うち13銘柄からは除草剤のグリホサートが検出されたという。有機ワイン4銘柄からは残留農薬は、痕跡を含めて検出されなかったという。


■農水省 グリホサート剤2種類を農薬登録

 農水省は8月7日付けで2種類のグリホサート剤を農薬登録した。一つは三井化学アグロの「アース草消滅」で果樹や野菜を広くカバーしている。もう一つは住友化学園芸の「草退治メガロングFL」で樹木などを対象としている。いずれもグリホサートイソプロピルアミン塩。これにより、8月8日現在110種類のグリホサート農薬が登録されている。2019年の新規登録は4種類となる。


2019.08.07 No.994
■ネオニコの胎児への移行を初めて確認 安全性再検討が必要と指摘

 獨協医科大学・市川剛医師らの研究グループは7月1日、ネオニコチノイド系農薬が胎児に移行する可能性を示唆した研究結果を専門誌(PLOS ONE)に発表した。出生直後の尿からネオニコ系のアセタミプリドの代謝物質を検出し、「アセタミプリドの有毒な代謝産物であるDMAPが、胎児に高率で移動する可能性があることを示唆した世界初の報告」だという。そして「ネオニコチノイドおよび代謝物の神経発達毒性の可能性を検討する必要があることを示している」としている。


2019.08.06 No.993
■産科医の国際組織 グリホサートの禁止を勧告
roundup-mm3.jpg / Flickr
ラウンドアップ / Mike Mozart / Flickr

 産婦人科医の国際組織である国際産婦人科連合の発生環境衛生委員会は7月31日、この15年間に明らかになったエビデンスから、予防原則に則り、世界規模でのグリホサート禁止の勧告を発表した。この勧告は、これまでに積み上げられてきた知見を元にした専門家の提言であるだけに、軽々に無視することはできない。


2019.08.05 No.992
■クロルピリホス:EUの禁止はほぼ確定か 米国EPAは禁止を拒否
chlorpyrifos_MCAF.jpg / Flickr
クロルピリホスの禁止を求める母親たち(2017年 米国ワシントン) / Moms Clean Air Force / Flickr

 米国環境保護庁は7月18日、北米農薬行動ネットワークなどの米国の環境NGOが求めていた有機リン系殺虫剤クロルピリホスの使用禁止を拒否した。一方、欧州食品安全機関(EFSA)は8月2日、2020年1月に登録期限が来るクロルピリホスについて、評価は完全に終わっていないが、承認更新に要求されている基準を満たしていないと発表した。EUでは期限切れで使用禁止になりそうだ。

カテゴリー
よく読まれている記事