最終更新日:2019年12月3日
2019年
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年
 17年 18年

2019年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2019年12月の記事
2019.12.03 No.1025
2019.12.02 No.1024
2019.12.01 No.1023
2019年11月の記事
2019.11.28 No.1022
2019.11.01 No.1021
2019年12月
2019.12.03 No.1025
■アフリカの科学者ネットワーク ネオニコ系農薬の緊急規制を勧告
agriculture_Benin.jpg / Wikimedia
アフリカ・ベニンの農村 / Africa Rice Center / Wikimedia

 アフリカの科学者ネットワークは11月11日、アフリカにおけるネオニコチノイド系農薬の使用について、アフリカの持続可能な農業を脅かし食料安全保障にとって問題があるとして、アフリカ全体で緊急の予防的アプローチを求める報告書を発表した。報告書は、アフリカ科学アカデミーネットワーク(NASAC:Network of African Science Academies)と南アフリカ科学アカデミー(ASSAf:Academy of Science of South Africa)が共同して取りまとめた。ネオニコチノイド系農薬に関する報告書としては、アフリカで初めてだという。


2019.12.02 No.1024
■厚労省 疫病抵抗性GMジャガイモを承認
potato_french_fries.jpg / Flickr
フレンチフライ。ジャガイモを油で揚げる時にアクリルアミドが作られる / Marco Verch / Flickr

 厚労省は11月12日、米国・シンプロット社が開発した疫病抵抗性・アクリルアミド低減遺伝子組み換えジャガイモを食品として承認した。このGMジャガイモは、10月1日に食品安全委員会が「ヒトの健康を損なうおそれはない」とする健康影響評価を決定していた。厚労省は同日、BASFの除草剤グルホシネート耐性及び雄性不稔セイヨウナタネMS11についても承認した。


2019.12.01 No.1023
■農水省 有機認証からゲノム編集除外で意見公募
organic_tomato.jpg
トマトもゲノム編集作物として登場が近そうだが、有機栽培のトマトとは相容れない。

 農水省は11月8日、有機JASにおいてゲノム編集由来のものを使用できないよう明確する改正を行うとして、意見公募を始めた。締切りは12月7日。これまでの遺伝子組み換え技術の禁止に加え、ゲノム編集禁止は当然のことであり、有機認証にもゲノム編集を容認するという最悪の状況は避けられる可能性が出てきた。多くの人の意見が必要だ。

カテゴリー
よく読まれている記事