最終更新日:2020年3月28日
2020年
1月
2月

9月
1月
1月
1月

 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年
 17年 18年 19年 20年

2020年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
最近の記事
2020.08.07 No.1052
2020.08.06 No.1051
2020.08.03 No.1050
2020年3月の記事
2020.03.28 No.1028
2019年12月の記事
2019.12.10 No.1026
2019.12.03 No.1025
2019.12.02 No.1024
2019.12.01 No.1023
2019年11月の記事
2019.11.28 No.1022
2019.11.01 No.1021
2020年3月

2020.03.28 No.1028
■東アジアは農薬のホットスポット 日本はトップ5
graph_pesticide_use_2017_.png
[画面クリックで拡大]

 日本の農薬使用量は世界一なのか。国連食糧農業機関(FAO)が公開している統計データベースから、世界各国の2017年の耕地単位面積当たりの農薬使用量を算出したところ、日本はヘクタール当たり11.76Kgで台湾、中国、イスラエル、韓国に次いで世界5位に位置していた。イスラエルを除けば4か国とも東アジアであり、東アジアが農薬使用のホットスポットだった。

 FAOが公開している農薬使用量と農地面積の最新のデータ(2017年)より、耕地単位面積当たりの農薬使用量を算出した。比較した国は、OECD加盟国とG20、TPP11加盟国に台湾を加えた。また、除草剤など用途別使用量が分る場合は表中に記載した。

graph_pesticide_use_2017_.png
[画面クリックで拡大]

table_pesticide_use_2017_.png

カテゴリー
よく読まれている記事