最終更新日:2020年4月5日
2020年
1月
2月

11月
12月

 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年
 17年 18年 19年 20年

2020年4月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
最近の記事
2020.10.29 No.1088
2020.10.29 No.1087
2020.10.15 No.1086
2020年4月の記事
2020.04.28 No.1033
2020.04.23 No.1032
2020.04.08 No.1031
2020.04.06 No.1030
2020.04.05 No.1029
2020年3月の記事
2020.03.28 No.1028
2019年12月の記事
2019.12.10 No.1026
2019.12.03 No.1025
2019.12.02 No.1024
2019.12.01 No.1023
2020年4月

2020.04.05 No.1029
■増加に転じたネオニコ系出荷量
neonico_1993-__.jpg
[画面クリックで拡大]

 国立環境研究所はこのほど、化学物質データベースを更新し、2018年度の農薬出荷量データを公開した。2014年から徐々に使用量が低下してきたネオニコチノイド系農薬は、2014年とほぼ同じにまで出荷量を増やした。この間出荷量が減少してきたフィプロニル系を含めても、浸透性農薬の出荷量は増加した。

table_shipping_rate_2018.jpg

 2017年12月に新規登録になったスルホキサフロルは約5トンが出荷された。一方、2015年12月に新規登録になったフルピラジフロンは、2018年も実質的な出荷がなかった。

table_shipping_2018.jpg

 ・国立環境研究所

相次ぐ新規登録

 今年に入り農水省は毎月のように新規登録し、ネオニコチノイド系で5種類、フィプロニル系で1種類を登録した。1月には、アース製薬のジノテフランなど4種類の殺虫剤・殺ダニ剤・殺菌剤の混合剤1種類を新規登録。2月には三井化学アグロとクミアイ化学工業の合せて3種類のジノテフラン混合剤と、ニチノーサービスのトリフルメゾピリム混合剤1種類を新規登録。3月は、北興化学工業のフィプロニルとスピノサドの混合剤1種類を新規登録した。アース製薬のジノテフラン混合剤を除き、いずれも稲用である。

(参考)

カテゴリー
よく読まれている記事