最終更新日:2020年5月1日
2020年
1月
2月

11月
12月

 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年
 17年 18年 19年 20年

2020年5月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
最近の記事
2020.10.15 No.1086
2020.10.14 No.1085
2020.10.13 No.1084
2020年5月の記事
2020.05.31 No.1041
2020.05.22 No.1040
2020.05.17 No.1039
2020.05.14 No.1038
2020.05.12 No.1037
2020.05.07 No.1036
2020.05.05 No.1035
2020.05.01 No.1034
2020年4月の記事
2020.04.28 No.1033
2020.04.23 No.1032
2020.04.08 No.1031
2020.04.06 No.1030
2020.04.05 No.1029
2020年3月の記事
2020.03.28 No.1028
2020年5月

2020.05.01 No.1034
■コルテバ クロルピリホスの生産中止
chlorpyrifos_MCAF.jpg / Flickr
クロルピリホスの禁止を求める母親たち(2017年 米国ワシントン) / Moms Clean Air Force / Flickr

 子どもの脳への影響が確認されている有機リン系殺虫剤クロルピリホスについて、米国トップの製造メーカーであるコルテバは2月6日、今後の売り上げの減少が見込まれるとして、2020年末までに中止を決定を発表した。

 トランプ政権は環境政策を後退させているが、クロルピリホスは人の健康に影響はないとして昨年7月、オバマ政権での禁止提案を覆し、禁止しないと決定していた。このためコルテバが生産を中止しても別メーカーの製品が流通するという。

 ・Reuters, 2020-21-7

 クロルピリホスの禁止を求めて運動を展開していた食品安全センターは2月6日、コルテバのクロルピリホス生産中止決定を受けて、「草の根キャンペーンと州レベルの勝利」であり「連邦政府の禁止は有毒な農薬から子供や農民を守る唯一の次の論理的なステップ」と歓迎する声明を出した。

 ・Center for Food Safety,2020-2-6  ・Guardian, 2020-2-6

 世界的な農薬業界再編の中で、米国のダウとデュポンは合併後、その農薬・種子部門を別会社化し、コルテバとして独立させた。

 20年1月に登録期限となるため、その登録延長が議論されていたEUは、加盟国の協議の結果、クロルピリホスの登録を更新せず失効、使用禁止となった。日本では現在、日産化学などの7種類のクロルピリホス剤が登録されている。

【関連記事】
カテゴリー
よく読まれている記事