最終更新日:2020年6月28日
2020年
1月
2月

7月
8月
9月
1月
1月
1月

 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年
 17年 18年 19年 20年

2020年6月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
最近の記事
2020.06.28 No.1044
2020.06.27 No.1043
2020.06.09 No.1042
2020年6月の記事
2020.06.28 No.1044
2020.06.27 No.1043
2020.06.09 No.1042
2020年5月の記事
2020.05.31 No.1041
2020.05.22 No.1040
2020.05.17 No.1039
2020.05.14 No.1038
2020.05.12 No.1037
2020.05.07 No.1036
2020.05.05 No.1035
2020.05.01 No.1034
2020年4月の記事
2020.04.28 No.1033
2020年6月

2020.06.28 No.1044
■カリフォルニア州 ラウンドアップがん警告表示で敗訴
roundup-4.jpg / Flickr
米国で販売されるラウンドアップ / Mike Mozart / Flickr

 米国連邦控訴裁判所は6月22日、カリフォルニア州によるグリホサートの発がん性警告表示を無効とする判決を下した。この警告表示は、同州独自の制度「プロポジション65」に基づくもので、2015年の国際がん研究機関(IARC)の「おそらく発がん性がある」との評価を受けて、カリフォルニア州環境保健有害性評価局(OEHHA:Office of Environmental Health Hazard Assessment)は2017年6月、同州の発がん性物質リストにグリホサートを登載すると発表していた。その後モンサント(現バイエル)がグリホサートには発がん性がないと主張し、取り消しを求め提訴していた。

 ・Reuters, 2020-6-23

 この判決に対して食品安全センターは24日、「判決は、グリホサートの危険性を消費者に知られないようにすることをモンサントに許した」、と変決を批判するする声明を発表した。

 声明で、同センターの西海岸責任者であるレベッカ・スペクターさんは、「この判決は、危険な化学物質であるグリホサートの不必要かつ無用な暴露から、私たち自身と環境を保護する私たちの権利を覆すものであり、すべてのカリフォルニアの人々にとって大きな損失です」と指摘した。

 ・Center for Food Safety, 2020-6-24
【関連記事】
カテゴリー
よく読まれている記事