最終更新日:2020年7月16日
2020年
1月
2月

11月
12月

 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年
 17年 18年 19年 20年

2020年7月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
最近の記事
2020.10.15 No.1086
2020.10.14 No.1085
2020.10.13 No.1084
2020年7月の記事
2020.07.30 No.1048
2020.07.29 No.1047
2020.07.16 No.1046
2020.07.13 No.1045
2020年6月の記事
2020.06.28 No.1044
2020.06.27 No.1043
2020.06.09 No.1042
2020年7月

2020.07.16 No.1046
■米国のミツバチ喪失は高止まり 昨年度は44%を失う
beekeeper.jpg / Flickr
巣箱の世話をする(米国・ミネソタ州) / Dennis Schroeder/NREL / Flickr

 米国のミツバチ情報パートナーシップ(BIP)は6月22日、昨年4月からの1年間で米国のミツバチの巣の44%が失われたと発表した。これは2012年4月からの1年間の46%に次ぐ過去2番目に高いという。BIPによれば、米国では毎年のように40%前後の巣が失われ、2012年度以降、40%以下となったのは2回しかないという。

 こうした状況に対してFriends of Earthは、「環境保護庁は、ネオニコチノイドがハチの大量死と関係している明確な科学を無視し続け、農薬会社が数十億ドルを稼ぎながら、ミツバチのような花粉媒介生物(ポリネーター)を殺し続ける自由を与えていることは非難すべきである」とするコメントを発表した。

 ・Bee Informed Partnership, 2020-6-22  ・Friends of the Earth, 2020-6-24

カテゴリー
よく読まれている記事