最終更新日:2020年9月3日
2020年
1月
2月

10月
11月
12月

 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年
 17年 18年 19年 20年

2020年9月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
最近の記事
2020.09.30 No.1076
2020.09.28 No.1075
2020.09.26 No.1074
2020年9月の記事
2020.09.30 No.1076
2020.09.28 No.1075
2020.09.26 No.1074
2020.09.23 No.1073
2020.09.22 No.1072
2020.09.19 No.1071
2020.09.17 No.1070
2020.09.13 No.1069
2020.09.08 No.1068
2020.09.03 No.1067
2020.09.02 No.1066
2020.09.01 No.1065
2020年8月の記事
2020.08.31 No.1063
2020.08.30 No.1061
2020.08.29 No.1060
2020.08.26 No.1059
2020.08.24 No.1058
2020.08.22 No.1057
2020.08.21 No.1056
2020.08.20 No.1055
2020.08.14 No.1054
2020.08.10 No.1053
2020.08.07 No.1052
2020.08.06 No.1051
2020.08.03 No.1050
2020年9月

2020.09.03 No.1067
■韓国バイオ企業 ゲノム編集で高オレイン酸大豆開発
high-oleic-soybean.jpg / Flickr
大規模に栽培される高オレイン酸大豆(米国) / United Soybean Board / Flickr

 米国農務省は7月21日付けで、韓国のツールジェンが開発したゲノム編集による高オレイン酸大豆について、規制対象の遺伝子組み換え作物に該当しないと確認した。これにより、ツールジェンのゲノム編集高オレイン酸大豆は、米国や日本ではNON−GM大豆として流通が可能になる。ツールジェンは今年5月、ゲノム編集によるペチュニアについても規制非該当の確認を受けている。

 ツールジェンはこの大豆の商品化に向けて、今年初めから中央アジアで試験栽培を開始しているという。試験栽培が成功した後、3年以内に事業化するという。同社はまた、中央アジアのほか、中国や南米での大規模栽培の可能性確認するという。

 ・Toolgen, 2020-4-2  ・USDA, 2020-7-21  ・ISAAA, 2020-9-2

 ツールジェンは1999年に設立されたバイオ企業で、ゲノム編集技術の開発してきた。2017年には、ゲノム編集による農産物開発に関して、同社のCRISPRを使ったゲノム編集技術をモンサントに提供する包括ライセンス契約を結んでいる。

 ・Business Wire, 2017-8-16

 ゲノム編集を使った高オレイン酸大豆はすでに商業栽培が始まり、販売されている。米国のゲノム編集作物開発企業カリクスト社は2018年、ツールジェン社と同様に、米国農務省の規制非該当の確認を得て、商業栽培を開始している。


【関連記事】
カテゴリー
よく読まれている記事