最終更新日:2020年9月8日
2020年
1月
2月

10月
11月
12月

 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年
 17年 18年 19年 20年

2020年9月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
最近の記事
2020.09.26 No.1074
2020.09.23 No.1073
2020.09.22 No.1072
2020年9月の記事
2020.09.26 No.1074
2020.09.23 No.1073
2020.09.22 No.1072
2020.09.19 No.1071
2020.09.17 No.1070
2020.09.13 No.1069
2020.09.08 No.1068
2020.09.03 No.1067
2020.09.02 No.1066
2020.09.01 No.1065
2020年8月の記事
2020.08.31 No.1063
2020.08.30 No.1061
2020.08.29 No.1060
2020.08.26 No.1059
2020.08.24 No.1058
2020.08.22 No.1057
2020.08.21 No.1056
2020.08.20 No.1055
2020.08.14 No.1054
2020.08.10 No.1053
2020.08.07 No.1052
2020.08.06 No.1051
2020.08.03 No.1050
2020年9月

2020.09.08 No.1068
■洗っても落ちないネオニコ系農薬 リンゴは果肉に8割が残留
apple_peel.jpg / Flickr
皮をむいてもネオニコのような浸透性の農薬は果肉にも残留する(イメージ) / Tim Ellis / Flickr

 農民連食品分析センターは9月8日、市販のリンゴの残留農薬分析結果を公開した。分析したリンゴは2017年産の4検体で、産地は長野県が3検体、山形県が1検体。延べ12種類の残留農薬が検出され、そのうち4種類がネオニコチノイド系だったという。中でもアセタミプリドはどのリンゴからも検出されたという。

 ネオニコチノイド系は浸透性のため、果実の中身にまで浸透し、洗っても落ちることはない。同センターは、ネオニコ系の中でも4検体全てから検出されたアセタミプリドに注目し、皮と果肉にどのように残留しているかを検討している。その結果、濃度としては皮の方が高く出たものの、皮に残留するアセタミプリドはリンゴ全体の2割前後(13%〜27%)であり、8割前後が果肉に残留していることが分かったという。結局、皮をむいても摂取するアセタミプリドの量は大きく減ることにはならない。

● 皮と果肉に残留するアセタミプリドの含有量と割合
含有量 [μg] 割  合
果肉 果肉
りんごA 0.07 0.18 27% 73%
りんごB 0.82 3.68 18% 82%
りんごC 0.09 0.58 13% 87%
りんごD 1.33 3.72 26% 74%
平 均 0.58 2.04 21% 79%
※農民連食品分析センター公表データより

 リンゴのアセタミプリドの残留基準値は2ppmだが、今回公表された検査結果の最高値は、果肉、皮ともにりんごBで、それぞれ0.022ppmと0.052ppmだったという。

 東京都健康安全研究センターは毎年、国産の野菜と果実の残留農薬について実態調査を年俸の形で公表している。この報告でも、リンゴの果肉からネオニコ系を含む浸透性の農薬が検出されているという。2014年度の検査結果では検査した内3個のりんごの果肉からアセタミプリドとチアクロプリドが検出されている。ほかにも、日本ナシやカキ、ミカンなどの果肉からネオニコ系農薬が検出されたと報告している。東京都健康安全研究センターは、国内産、輸入ともに、ネオニコ系の検出頻度が上がってきていると指摘している。

 東京都健康安全研究センターはまた、ネオニコチノイド系農薬検出の理由として、《ネオニコチノイド系農薬は浸透移行性が高く、液剤や水和剤の他、粒剤や粉剤等として、土壌混和または株元散布の形で使用される。したがって根から吸収され、果実全体へ移行したものと考えられた》と指摘している。

 ・農民連食品分析センター, 2020-9-8  ・東京都健康安全研究センター, 2016-3

 ネオニコチノイド系農薬の一つのアセタミプリドは、日本曹達が開発し、モスピランなどの商品名で販売されている。日本での出荷量は50.2トンとネオニコチノイド系農薬のなかでは4番目に位置している。果実類に対しては、リンゴのほかナシやモモには収穫前日までの散布が認められている。


カテゴリー
よく読まれている記事