最終更新日:2020年9月26日
2020年
1月
2月

11月
12月

 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年
 17年 18年 19年 20年

2020年9月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
最近の記事
2020.10.29 No.1088
2020.10.29 No.1087
2020.10.15 No.1086
2020年9月の記事
2020.09.30 No.1076
2020.09.28 No.1075
2020.09.26 No.1074
2020.09.23 No.1073
2020.09.22 No.1072
2020.09.19 No.1071
2020.09.17 No.1070
2020.09.13 No.1069
2020.09.08 No.1068
2020.09.03 No.1067
2020.09.02 No.1066
2020.09.01 No.1065
2020年8月の記事
2020.08.31 No.1063
2020.08.30 No.1061
2020.08.29 No.1060
2020.08.26 No.1059
2020.08.24 No.1058
2020.08.22 No.1057
2020.08.21 No.1056
2020.08.20 No.1055
2020.08.14 No.1054
2020.08.10 No.1053
2020.08.07 No.1052
2020.08.06 No.1051
2020.08.03 No.1050
2020年9月

2020.09.26 No.1074
■EUのGMO規制強化を求める公開書簡 欧州の88団体
open-letter-new-gmo.jpg
GMO規制強化を求め、88団体が公開書簡を送った(2020年9月)

 ヨーロッパの環境や有機農業関連の88団体は9月17日、欧州委員会のステラ・キリアキデス保健衛生・食品安全担当委員に対して、ゲノム編集に代表される「新しい遺伝子組み換え」規制を緩めることがないように求める公開書簡を送った。

 2017年7月、欧州司法裁判所は「ゲノム編集は遺伝子組み換え(GMO)」との司法判断を下している。しかし、ヨーロッパの中には欧州委員会が規制緩和を検討するかもしれないという懸念が広まっているという。こうした懸念に、公開書簡は消費者の知る権利、育種業者、農家、加工業者の選択の自由などを列挙し、EUのGMO政策の強化を要請している。

 欧州委員会は今年5月、2030年までに農薬使用量の半減や有機農業の拡大を目標とする「農場から食卓戦略」(ファーム・トゥ・フォーク戦略)を公表した。公開書簡は、欧州委員会が「フード・サプライチェーンに沿って持続可能性を向上させるための新しい遺伝子技術の可能性を調べる調査を実施している」と述べているが、欧州理事会は、持続可能性を向上させるための新しい遺伝子組み換え技術の可能性を調査することを欧州委員会に義務付けていない、と指摘している。

 公開書簡に署名した団体は次の17か国の88団体。オーストリア、ベルギー、クロアチア、キプロス、デンマーク、スペイン、フランス、ドイツ、スイス、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、オランダ、ルーマニア、スウェーデン、英国。

 ・Open letter
【関連記事】
カテゴリー
よく読まれている記事