最終更新日:2020年10月8日
2020年
1月
2月

11月
12月

 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年
 17年 18年 19年 20年

2020年10月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の記事
2020.10.29 No.1088
2020.10.29 No.1087
2020.10.15 No.1086
2020年10月の記事
2020.10.29 No.1088
2020.10.29 No.1087
2020.10.15 No.1086
2020.10.14 No.1085
2020.10.13 No.1084
2020.10.11 No.1083
2020.10.10 No.1082
2020.10.08 No.1081
2020.10.07 No.1080
2020.10.05 No.1079
2020.10.04 No.1078
2020年9月の記事
2020.09.30 No.1076
2020.09.28 No.1075
2020.09.26 No.1074
2020.09.23 No.1073
2020.09.22 No.1072
2020.09.19 No.1071
2020.09.17 No.1070
2020.09.13 No.1069
2020.09.08 No.1068
2020.09.03 No.1067
2020.09.02 No.1066
2020.09.01 No.1065
2020年10月

2020.10.08 No.1081
■米国・ボルチモア市議会 グリホサートとネオニコ使用規制法案を可決
RoundUp-Monsanto.jpg / Flickr
米国で販売されているラウンドアップ / Mike Mozart / Flickr

 米国メリーランド州ボルチモア市の市議会は5日、ネオニコチノイド系農薬と除草剤グリホサート、有機リン系殺虫剤クロルピリホスについて、ボルチモア市内での使用禁止を含む法案を可決した。市長の署名で成立し22年7月より施行される。米国では、地方自治体レベルでのネオニコチノイド系農薬やグリホサート系除草剤の使用規制が続いている。連邦レベルでも、民主党議員によるネオニコチノイド系農薬やグリホサート禁止法案が議会に提出されている。

 可決された法案では、グリホサートとクロルピリホスは、当局が使用をやむを得ないと認めた場合以外は、ボルチモア市内での使用が全面的に禁止される。ネオニコチノイド系農薬への規制はグリホサートより緩いが、市有地での使用が原則禁止されるが、市有地での農業目的は除かれるとしている。法案ではまた、違反には250ドルの罰金が課せられるほか、農薬一般についても市当局に対して2年ごとの見直しを義務付けているという。

 ・CBC Baltimore, 2020-10-6  ・Baltimore City Council

 禁止法案可決に向けて運動してきた環境メリーランドは10月5日、この法案可決について歓迎する声明を発表し、市長が署名するよう求めている。声明は、「受粉媒介者はかつてない速さで死んでいます。これらの農薬を禁止することはミツバチや食料、そして地球を守るための重要な第一歩です」と述べている。

 環境メリーランド代表のケイト・ブレイマンさんは、「私たちの生活をより便利にし、食糧生産をより効率的にするために考案された除草剤が、公衆衛生を危険にさらすことを許されるのはばかげている」とも指摘している。

 ・Environment Maryland, 2020-10-5
カテゴリー
よく読まれている記事