最終更新日:2020年10月30日
2020年
1月
2月

12月

 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年
 17年 18年 19年 20年
2020年10月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の記事
2020.11.11 No.1092
2020.11.10 No.1091
2020.11.03 No.1090
2020年10月の記事
2020.10.30 No.1089
2020.10.29 No.1088
2020.10.29 No.1087
2020.10.15 No.1086
2020.10.14 No.1085
2020.10.13 No.1084
2020.10.11 No.1083
2020.10.10 No.1082
2020.10.08 No.1081
2020.10.07 No.1080
2020.10.05 No.1079
2020.10.04 No.1078
2020年9月の記事
2020.09.30 No.1076
2020.09.28 No.1075
2020.09.26 No.1074
2020.09.23 No.1073
2020.09.22 No.1072
2020.09.19 No.1071
2020.09.17 No.1070
2020.09.13 No.1069
2020.09.08 No.1068
2020.09.03 No.1067
2020.09.02 No.1066
2020.09.01 No.1065
2020年10月

2020.10.30 No.1089
■デルモンテ ピンクの遺伝子組み換えパイナップル販売開始
pineapple_cut-2.jpg / Flickr
パイナップルの果肉はもともと黄色 / Kyle McDonald / Flickr

 米国のデルモンテはこのほど、カロテンの発現を抑制することで果肉がピンク色になる遺伝子組み換えパイナップルの販売を始めた。全量をコスタリカで栽培し、米国に輸入されるという。現在は店頭には並ばず、ネットでの販売に限定されている。

 2005年に開発が始まったこの遺伝子組み換えパイナップルは、2016年に米国食品医薬品局(FDA)が承認していた。

 ・Fresh Plaza, 2020-10-13  ・DelMonte
  PINKGROW

 この遺伝子組み換えパイナップルは、単に黄色だったパイナップルの果肉をピンクにしただけに過ぎない。新たに何らかの機能性が付け加わえられたという特徴もなく、しいて言えば、見栄えを良くなったかどうかは別としても、目新しさだけの差別化を図ったに過ぎない代物だ。日本では売れることなく、いつの間にか退場したハワイ産の遺伝子組み換えパパイヤでさえ、ウイルス耐性という機能が付け加えられていた。


カテゴリー
よく読まれている記事