最終更新日:2021年3月31日
2020年
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年
 17年 18年 19年 20年 21年
2021年3月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2021年3月の記事
2021.03.31 No.1110
2021.03.21 No.1109
2021.03.05 No.1108
2021.03.04 No.1107
2021年2月の記事
2021.02.24 No.1106
2021.02.10 No.1105
2021.02.02 No.1103
2021.02.01 No.1102
2021年3月

2021.03.31 No.1110
■輸入小麦 米国・カナダ産のほとんどからグリホサートを検出
import_wheat_glyphosate_2013-2020pre.png
輸入小麦の残留グリホサート検出率(2013-2020前期)[画面クリックで拡大]

 農水省がまとめている輸入小麦の残留農薬検査の20年度前期分が公表された。公表されたデータによると、輸入小麦の8割を占める米国産とカナダ産のほとんどからグリホサートが検出されている。豪州産は2018年に45.5%と半数近くで検出されたが、そのほかの年度では20%前後となっている。年間1万トン前後と輸入量が少ないフランス産は着実に検出率が下がってきている。


2021.03.21 No.1109
■神経伝達を遮断 新しいネオニコ系殺虫剤フルピリミン
akatonbo.jpg
田んぼで繁殖するアカトンボは稲作用のネオニコの影響を直接的に受ける

 イミダクロプリドなど従来のネオニコチノイド系殺虫剤が、ミツバチに有害として規制される動きが世界的に広がる一方で、スルホキサフロルなどがミツバチにやさしいとの触れ込みで続々と承認されてきた。これまでのネオニコチノイド系殺虫剤が神経を興奮させる作用だったが、逆に神経伝達を遮断するタイプのネオニコチノイド系殺虫剤が登場している。


2021.03.05 No.1108
■米国通商代表部 バイエル、クロップライフとタッグ グリホサート禁止のメキシコに圧力
mexico_maize_Cacahuacintle.jpg / Flickr
メキシコの在来トウモロコシ・カカウアシントル種 / CIMMYT / Flickr

 メキシコは昨年12月末に大統領令により、2024年までにグリホサートの段階的禁止と遺伝子組み換えトウモロコシの輸入禁止などを明確にした。この決定に至るまでに、トランプ政権下の米国通商代表部(USTR)と米国環境保護庁(EPA)、バイエル、に業界団体のクロップライフが、グリホサート禁止を葬るために圧力をかけていた工作が明らかになったと、ガーディアン(電子版)が報じている。


■土壌散布のネオニコ 標的外の土中営巣性のハチの行動と繁殖を損なう
squash_bee.jpg / Wikimedia
カボチャの花で採餌するスカッシュ・ビー / Ilona Loser / Wikimedia

 カナダ・ゲルフ大学の研究グループは2月19日、地面に穴を掘って営巣するスクウォッシュ・ビー(Eucera pruinosa)が、ネオニコチノイド系イミダクロプリドを土壌に散布した作物に曝露した場合、営巣数が85%減少し、集める花粉の量も大幅に減少し、子孫も89%減少したとサイエンティフィック・リポーツに発表した。研究グループは、土壌散布の殺虫剤の制限が正当化される可能性があるとしている。


■インド 主要な輸入食用作物の非GM証明を施行

 インド食品安全基準局(FSSAI)は2月8日、輸入食用作物の非遺伝子組み換え証明制度が3月1日より施行されると明らかにしたと地元紙が報じた。混入許容限度は1%だとしている。この証明制度は昨年8月、今年1月より施行と発表されていた。


2021.03.04 No.1107
■農水省 GM作物3品目を承認 初のGMカラシナも
maff.jpg
農水省

 農水省は3月3日、遺伝子組み換え作物3品目を承認した。第一種使用が遺伝子組み換えナタネと、花色を操作した遺伝子組み換えコチョウランの2品目であり、遺伝子組み換えカラシナの隔離圃場での試験栽培も承認された。初めての承認となる遺伝子組み換えカラシナは、在来カラシナとの交雑が懸念される。


■英研究所 ゲノム編集で低アスパラギン小麦 商業化には5年から10年
toast.jpg / Wikimedia
焦げた部分に有害なアクリルアミドが生成される / Rainer Zenz / Wikimedia

 英国のロザムステッド研究所の研究グループは2月26日、ゲノム編集により発がん性のあるアクリルアミドの前駆体であるアスパラギンの含有量を減らした小麦を作り出したと専門誌に発表した。この低アスパラギン小麦は、アスパラギン合成酵素遺伝子をノックアウトさせたもので、外来遺伝子の挿入はないとしている。商業化には5年から10年かかるとしている。この小麦はアスパラギンが野生型小麦に比べ少ないものの、発芽率が低かったとしている。


■ネオニコはハチドリの生存にも影響を与える
nodoakahatidori.jpg / Wikimedia
空中に静止して花蜜を吸うノドアカハチドリ(オス) / Rhoude7695 / Wikimedia

 カナダのトロント大学などの研究グループは2月3日、環境濃度のネオニコ系農薬イミダクロプリドに暴露されたノドアカハチドリエネルギー代謝が、曝露の2時間以内に25%減少した、と専門誌(サイエンティフィック・リポーツ誌電子版)に発表した。研究グループは、イミダクロプリド曝露後の代謝の変化は、ハチドリの生存に重要な影響を及ぼす可能性があるとしている。ハチドリも受粉媒介生物(ポリネーター)の一つである。

カテゴリー
よく読まれている記事