最終更新日:2021年1月15日
2020年
5月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年
 17年 18年 19年 20年 21年
2021年1月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
最近の記事
2021.06.16 No.1117
2021.04.25 No.1116
2021.04.24 No.1115
2021年1月の記事
2021.01.23 No.1101
2021.01.15 No.1100
2021.01.13 No.1099
2021.01.12 No.1098
2020年12月の記事
2020.12.31 No.1097
2020.12.11 No.1096
2020.12.08 No.1095
2020.12.07 No.1094
2020.12.04 No.1093
2021年1月

2021.01.15 No.1100
■タンザニア GMと絶縁 アグリビジネスの種子支配を懸念
ugali_tanzania.png / Wikimedia
タンザニアの主食の一つウガリは白いトウモロコシの粉を練って作る / Priscusgodwin / Wikimedia

 タンザニアのムケンダ農業相は1月12日、同日以降、同国内での遺伝子組み換え生物(GMO)の試験を中止し、輸入種子の徹底的な検査を命じた、と地元メディアが報じた。タンザニアでは、まだ遺伝子組み換え作物の商業栽培は始まってないが、遺伝子組み換え作物の試験栽培が実施されていた。

 ムケンダ農業相は、タンザニアと地域の品種の遺伝資源保全のために決定されたと述べたという。タンザニアでは、害虫抵抗性遺伝子組み換えキャッサバと、干ばつ耐性遺伝子組み換えトウモロコシの試験栽培が実施されていたが、中止されることになったという。

 ムケンダ農業相は、「今のところ、これが政府の立場である。我々は種子を改良し、従来の方法で収量と生産性を向上させるために研究活動を行うが、遺伝子組み換え作物の研究は行わない」と明言しているという。また、外国の種子の自由輸入を許可した場合、「少数の農業企業による種子市場の支配があり、農家は毎年、そのような企業から購入することを余儀なくされ、種子企業への依存を生む」と述べ、遺伝子組み換え作物の影響について懸念を示したという。

 ・ippmedia, 2021-1-14
カテゴリー
よく読まれている記事