最終更新日:2021年1月15日
2020年
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年
 17年 18年 19年 20年 21年
2021年1月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
最近の記事
2021.02.02 No.1103
2021.02.01 No.1102
2021.01.23 No.1101
2021年1月の記事
2021.01.23 No.1101
2021.01.15 No.1100
2021.01.13 No.1099
2021.01.12 No.1098
2020年12月の記事
2020.12.31 No.1097
2020.12.11 No.1096
2020.12.08 No.1095
2020.12.07 No.1094
2020.12.04 No.1093
2021年1月

2021.01.15 No.1100
■農業地域のブラジル産ハチミツに残留グリホサート
Brazil-soybeans-spray.jpg / Flickr
大豆圃場での農薬散布(ブラジル マットグロッソ・ド・スル州) / Claus Isenberg / Flickr

 ブラジルのカンピーナス大学の研究グループは12月17日、ブラジル南東部のグリホサートを使用する農業地域の蜂蜜を分析し、約4割からグリホサートとその代謝物質AMPAを検出したと発表した。

 検出された最大値は百花蜜の0.22ppmで、平均値は0.07ppmであったとしている。また、約2割がEUの残留基準値0.05ppmを超えていたとしている。サンプルのハチミツの採取地周辺が除草剤耐性遺伝子組み換え作物の栽培地域であるかは、論文には明記されておらず不明である。

 周辺でグリホサートが使用されていないリオグランデ・ド・スル州カンバラドスルの原生林の近くの養蜂場のハチミツからはグリホサートもAMPAは検出されず、痕跡を示すピークはなかったという。

 ・Food Additives & Contaminants, 2020-12-17

カテゴリー
よく読まれている記事