最終更新日:2021年10月10日
2020年
5月
7月
8月
11月
12月
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年
 17年 18年 19年 20年 21年
2021年10月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
最近の記事
2021.10.21 No.1124
2021.10.18 No.1123
2021.10.17 No.1122
2021年10月の記事
2021.10.21 No.1124
2021.10.18 No.1123
2021.10.17 No.1122
2021.10.10 No.1121
2021.10.07 No.1120
2021年9月の記事
2021.09.15 No.1119
2021年10月

2021.10.10 No.1121
■英国 ゲノム編集小麦の野外試験を承認
rothamsted_research.jpg / Wikimedia
ロザムステッド研究所 / Loxdale / Wikimedia

 英国・ロザムステッド研究所は8月24日、ゲノム編集で開発した低アスパラギン小麦の野外試験が英国政府より許可されたと発表した。パンなどの加熱時に生ずる発がん性のあるアクリルアミドを減らすことが可能になるとしている。この承認を受けて、9月から播種が始まるという。

 研究責任者によると、今回の野外での試験栽培は、「低アスパラギン小麦を圃場で評価し、圃場環境下で生産された穀物中のアスパラギン濃度を測定すること」を目的としているという。プロジェクトは5年を予定し、戻し交配により組み込み遺伝子を取り除くとしている。英国政府は外来遺伝子を組み込まないゲノム編集作物の規制緩和に向けて動いている。ロザムステッド研究は日本や米国などと同様な非遺伝子組み換え作物化を狙っている。

 ・Rothamsted Research, 2021-8-24
【関連記事】
カテゴリー
よく読まれている記事