最終更新日:2022年6月26日
2022年
1月
2月
3月
4月
10月
11月
12月
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年
 17年 18年 19年 20年 21年
 22年
2022年6月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
最近の記事
2022.09.04 No.1144
2022.08.29 No.1143
2022.08.23 No.1141
2022年6月の記事
2022.06.29 No.1135
2022.06.28 No.1134
2022.06.27 No.1133
2022.06.26 No.1132
2022.06.17 No.1131
2022年5月の記事
2022.05.21 No.1130
2022.05.19 No.1129
2022.05.12 No.1128
2022年6月

2022.06.26 No.1132
■ブラジルで急増する非GM大豆栽培
soja_brasil_.jpg / Flickr
ブラジルの大規模大豆農場(リオグランデ・ド・スル州) / Governo do Estado do Rio Grande do Sul / Flickr

 欧州の非遺伝子組み換え大豆への需要の高まりがブラジルの非GMO大豆の栽培面積を急激に増加させている。ブラジルの業界団体ISLによれば、ブラジルの大豆栽培面積4100万ヘクタールのほとんどがGM大豆で、非GM大豆は2%、約80万ヘクタールに過ぎない。9月に始まる来シーズンは100万ヘクタールに急増の見込みだという。

 世界的に非GM大豆の栽培が減少しているという。年間約3千万トンの大豆を輸入する欧州では養豚飼料の脱GM大豆の動きも出ているという。欧州のバイヤーは、マットグロッソ州で60キロ当たり平均6ドルのプレミアムを上乗せして契約しているという。

 ・Reuters, 2022-6-24

 農水省などによれば、日本は年間約300万トンの大豆を輸入している。ブラジルは、米国に次ぐ輸入先で、年間約50万トンを輸入している。

【関連記事】
カテゴリー
よく読まれている記事