最終更新日:2017年3月25日


■ネオニコチノイド農薬:各国の規制状況
 使用禁止・取消  規制強化  新規登録・規制緩和
  イミダクロプリド チアメトキサム クロチアニジン アセタミプリド チアクロプリド ジノテフラン ニテンピラム スルホキサフロル フルピラジフロン フィプロニル
EU 2013年12月から2年間の一時使用禁止
2015年12月、評価作業が延びて使用禁止延長
2017年3月、全面禁止案
未承認 未承認 2015年8月承認 2015年9月承認 2014年1月から一部使用制限
ドイツ 2008年、一部使用禁止
2015年、冬小麦の種子への使用とその輸入禁止
未承認 未承認
フランス トウモロコシ(2004年以降)、ひまわり(1999年以降)の種子処理を禁止 2012年使用禁止 未承認 未承認 2004年使用禁止
原則2018年9月より全てのネオニコチノイド系農薬を全面禁止
イタリア 2008年、トウモロコシの種子処理禁止 未承認 未承認 2008年、トウモロコシの種子処理禁止
スロベニア 2008年5月、トウモロコシの種子、菜種、サトウダイコンの種子処理を禁止 未承認 未承認
オーストリア 2013年1月、一時使用禁止冬穀物への種子処理を禁止 未承認 未承認
スウェーデン 2013年、一部製品の使用禁止 2008年、承認取消 2008年、新規登録中止 未承認 未承認
英国 2015年、緊急措置として、菜種の一部について一部製剤の一時使用を許可 未承認 未承認
スイス 2013年、EUに並び一時使用禁止 未承認
米国 2015年4月、新規登録を中止 2015年4月、新規登録を中止 未承認 2015年11月 登録取消
2016年10月 再登録
2016年5月、メリーランド州、農家などを除きすべてのネオニコ系農薬の個人による屋外使用を禁止する州法(18年1月施行)
カナダ オンタリオ州、2015年から、トウモロコシとダイズの種子処理の段階的禁止 未承認
カナダ保健省、原則3年で段階的使用禁止方針を公表
台湾 未承認 2016年1月から茶葉への散布禁止
韓国 2014年3月、EUに準拠して使用禁止 未承認
ブラジル 2015年、綿花の開花期に周辺での使用を禁止 未承認 2015年、綿花の開花期に周辺での使用を禁止
日本 2016年6月、一部残留基準値緩和 2015年5月、大幅な残留基準値緩和 2016年3月、承認作業を一時保留 2015年12月新規承認
2017年2月、承認作業再開
  イミダクロプリド チアメトキサム クロチアニジン アセタミプリド チアクロプリド ジノテフラン ニテンピラム スルホキサフロル フルピラジフロン フィプロニル
・参考 ネオニコチノイド系農薬関連年表(有機農業ニュースクリップ) リンク先を開く
    『ミツバチと食の危機』(グリーンピース・ジャパン, 2016年4月) リンク先を開く